配信元:@Press

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、入賞作品をお~いお茶商品に掲載して発表する国内最大規模の俳句コンテスト「第三十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品募集を2020年11月3日(火)より開始いたします。締切は2021年2月28(日)(当日消印有効)です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233150/LL_img_233150_1.jpg
審査員 夏井いつき氏

「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」は感じたことや思ったことを、季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせてのびのびと表現していただき、どなたでも自由な発想でご応募いただけるコンテストとして1989年(平成元年)からスタートしました。

第三十一回は50万人を超える方々から200万句近いご応募をいただき、累計応募句数は3,765万句に到達、応募作品数日本一※の俳句コンテストとして皆様にご参加いただいております。前回より新設された、俳句とフォトで表現する「新俳句フォトの部」では、SNSに馴染みのある若い世代の方々から、デジタルを駆使した多数の作品をご応募いただき、より一層応募者の裾野が拡がりました。

新俳句大賞の特徴は、季語などの俳句のルールにこだわらないため、初応募の方の入賞が多いことです。俳句初心者の方の思いのまま創作した自由で新鮮な作品を、俳人を含めた幅広いジャンルの審査員が選考するため、他の俳句大会では評価されにくい句にも注目していきます。また新俳句フォトの部では、日ごろ撮りためた画像から俳句づくりも可能ですので、「俳句創作は苦手」という方にも気軽に参加いただけます。

10月1日に配信したオンライン発表会では、創作の参考にもなる一般の方からの質問に、いとうせいこうさんや夏井いつきさんら審査員が回答するQ&Aコーナーを収録しておりますので、新俳句大賞HPよりご覧いただくことができます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。