配信元:@Press

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、代表取締役:宗方 雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、株式会社セガの家庭用ゲーム機であるセガサターンのCMキャラクターの「せがた三四郎」Tシャツを2020年10月に発売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/229205/LL_img_229205_1.jpg
せがた三四郎(真剣遊戯バニラホワイト) 1

【商品概要】
■せがた三四郎(真剣遊戯バニラホワイト)
https://core-choco.shop-pro.jp/?pid=154341908

80年代から続く家庭用TVゲーム機の覇権争い!

SGシリーズ、セガ・マークIII、メガドライブで存在感を示したSEGAだったが、
競合他社の壁はとてつもなく高かった。

起死回生の一発として放った次世代機「セガサターン」。
圧倒的な高性能と盤石のローンチタイトルで、一気に販売台数を伸ばし、
一躍業界のトップに立ちSEGAファンの溜飲を下げた。

だが、新興勢力のゲーム機種が頭角を現し新たなライバルとなる。
新たなライバルの計算されたメディア戦略と大衆向けのタイトルで存在感を増し、
戦いはイーブンとなったが、ライバルよりキラータイトルのリリースが決定し、
セガサターンは窮地に立たされた。

果たしてこの戦いも負けるのか!?
このままSEGAは終わるのか!?

誰もがそう思ってた時、SEGAに救世主が現れた。
その名は「せがた三四郎」!

藤岡弘、扮するどこか懐かしい感じがするこのキャラクターは、
お茶の間に相当級なインパクトを与え、独走態勢だったライバル機種の前に立ちはだかったのである!

「セガサターン、シロ!」

他の遊びに夢中になる少年少女の前に立ちはだかり、一喝するその姿にSEGAファンは何とも言えない安心感を覚えた。

その活躍はセガサターンの最後まで続き、
次世代のドリームキャストへバトンを渡すまで彼は戦い続けた。

ハードコアチョコレートは、その栄誉を称え2020年に念願のコラボレーションを実現!
あの「せがた三四郎」がアパレルとして帰ってきたのだ!

道着をイメージしたボディに力強いせがた三四郎の姿。
あの頃を思い出させるような熱い眼差し。コロナで大混乱になった世界だからこそ、彼が必要なのではないか!?

さあ、もう一度叫ぼう、「セガサターン、シロ!」と!


【Tシャツ概要】
定価 :4,400円(税込)
サイズ:160:着丈62cm×身幅46cm
S :着丈65cm×身幅49cm
M :着丈69cm×身幅52cm
L :着丈73cm×身幅55cm
XL :着丈77cm×身幅58cm
XXL:着丈81cm×身幅63cm

※店舗等でも同時に販売している為、在庫切れの場合もございます。ご了承ください。

(C)SEGA
(C)SANKI WORLDWIDE



【販売場所】
○東中野 ハードコアチョコレートヘッドショップ
http://goo.gl/2Q1N8A

○ハードコアチョコレート大阪
https://goo.gl/maps/wyTJbkx4k4x (Google Map)

○ハードコアチョコレート オンラインストア
http://core-choco.shop-pro.jp/

○Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/stores/node/5389738051

○サムライ弘、ショップ
http://www.samurai-hiroshi-shop.jp/
※サムライ弘、ショップではS~XXLでのサイズ展開となります


【ハードコアチョコレート会社概要】
映画やプロレス、漫画にアニメ、特撮…更には萌えまで…コアな題材をパンキッシュなデザインで飲み込み、1999年ブランド設立以来、様々なアンダーグラウンドシーンで話題を巻き起こす。正しく、けたたましく雑食“ハードコアな”Tシャツアパレルブランド。“過激だけどクール”で洗練されたデザインは国内外のコアなTシャツユーザーに圧倒的な支持を得ており、Tシャツ界の悪童の異名を持つ。

商号 : 有限会社ハードコアチョコレート
所在地 : 〒164-0003 東京都中野区東中野4丁目10-16 クレールOSY 1F
設立 : 2002年2月
代表者 : 代表取締役 宗方 雅也
事業内容: Tシャツほか衣類のデザイン、製造、販売
URL : http://core-choco.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。