配信元:@Press


短期集中型英会話スクール・語学堂を運営する株式会社進鳳堂は、 創業80年余りの伝統を持ち、着物業界を織元として支えている酒井織物有限会社と文化的業務提携を行いました。


2020年11月より、着物をスクールスタッフのユニフォームとして採用を決定。


スクールスタッフが着物を纏いながら運営をすることで、生徒様にも着物文化に親しみを持ってもらうことを目的に、日本文化を纏い伝えながら英会話レッスンをするプロジェクトが始動。


画像 : https://newscast.jp/attachments/iAQzfx6MVuY2MUZVjlGX.png


語学堂は、英語を「ただ話せる」だけでなく「自ら体験した日本文化を言語を通して世界に発信することを生徒の強みにする」ことをより重要視する目的で業務提携を進めました。
同時に、来たる2021年東京オリンピックに向けて文化伝承と地域創生の鍵を握る着物を通して日本文化の新しい価値を語学教育を通して世界に広めることも目的の一つとしています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/W8itd5jFYX7DsQ3yeFPz.jpg


語学教育業として着物(塩沢絣)を纏いレッスンをする意義


語学スクールの本質的な価値は、「英語を話せるようにする」こと。
その本質論を追求すると、「話せること」以上に、「話すこと」の重要性が浮かびます。海外渡航時に「自分自身と自国の魅力」を伝えることは、海外の方との中長期的な豊かなコミュニケーションを創ります。


生まれ育った日本での経験も一つグローバルで活躍する際の武器にして欲しい。 そんな想いが語学堂にはあります。


スタッフ全員が塩沢を纏い仕事をする 生徒も着ることができる環境


日本文化や着物に急に興味を持っていただくこと、話すことは容易なことではありません。
しかしながら、教育事業者としてその価値を知ることができたのであれば、その日本文化を纏い語ることは我々からも微力ながらできると考えました。
日本の伝統を伝統のままでなく、語学力を備えた生徒様が日本文化を纏い世界で魅力を語ることが日本の未来を考える教育業としての一手と考えています。


塩沢紬と着物と語学学習:英会話集中力


語学堂では、英会話学習の集中力を最大化するプログラムを導入しております。
「着物」を導入することは、文化的側面のみならず、着物を纏うことでの語学学習の効率化にも繋がると考えています。
※現在、最先端機器を活用して着物による生体信号の効果「集中力」についての測定を行っている


本場塩沢~伝統的工芸品「塩沢」


新潟県南魚沼市塩沢。豪雪地帯で知られるこの地では、雪に閉ざされる長い冬、古くから機織りが営まれてきました。奈良の正倉院には、約1200年前に塩沢で織られた麻布(現在の重要無形文化財「越後上布」)が保存されています。
塩沢の産地では「本塩沢」「塩沢紬」「夏塩沢」「越後上布」4品目を生産しています。
江戸時代、この麻織物の技術・技法を絹織物に取り入れたのが「塩沢紬本塩沢」です。
「塩沢お召(めし)」の名で広く親しまれています。
「本塩沢」:糸が生み出す温かな風合いが味わい深く、絣(かすり)糸を1本1本合わせて織り上げる絣模様 “しぼ”と呼ばれる凸凹が特徴で、さらりとした肌触りシャリ感は裾座履きが絶品と定評があります。十字絣・亀甲絣を中心に様々な模様が上品さと優雅さを醸し出します。
「塩沢紬」:本塩沢とともに「塩沢」を代表する絹織物です。日本の三大紬の一つです。
「夏塩沢」:絹織物による夏物が望まれ誕生しました。独特のシャリ感があり、透き通るような紗の涼感あふれる織物です。
これら塩沢の織物を総称して「塩沢」と呼び、贅沢な逸品として愛されてきました。着心地は格別で、着るほどに風合いを増す「塩沢」は、身に纏う伝統的工芸品です。


酒井織物 PV ~心~ : https://www.youtube.com/watch?v=sRrj3KWt4_E&feature=youtu.be


酒井織物(酒井織物有限会社)


1933年、初代、文二に始まり、創業80年余り。
戦時中も大半の織元は廃業・一部軍事工場として稼働中のなか、国より技術保存指定工場の指定を受け、伝統織物技術を維持し戦後の復興にも寄与しました。二代目、酒井武により1972年酒井織物有限会社として法人を設立。伝統工芸産業の振興、及び指導に多大な貢献をしたことにより数々の表彰を受けています。
効率化が求められる現代においても、素材の持つ風合いを損なわない為に、先端設備に頼ることなく、手織りはもちろんのこと、大半の工程を手仕事で行っております。生糸を精練し絹糸にし、撚糸、図柄の設計、絣作り、整糸など大半の工程を自社工場で行っております。


画像 : https://newscast.jp/attachments/5uDfAz9PTHubPIKXjwrn.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/NhqxKPZxSxy1eZfWR5TS.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/EV4nAauSsH8Ry8qnYpWx.png


語学堂(株式会社 進鳳堂)


集中力を軸とした科学的アプローチによって英会話力を上げる新感覚英会話教室。最先端脳科学に基づきパーソナライズ化された8時間のパーソナルトレーニングと240時間の話し放題により、短期間で英会話が習得できるプログラムを提供。


画像 : https://newscast.jp/attachments/nzTjSuyHKySZWp4eRsMo.jpeg


画像 : https://newscast.jp/attachments/HO22fvdgR4K3LXncDG6H.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/17DlnAeO6VbrEIhUFaB1.png


■本リリースに関するお問い合わせ


株式会社進鳳堂
住所:東京都目黒区上目黒2-8-10第一山本ビル3F
TEL:03-3445-6046
HP:http://gogakudo.jp
FB:https://www.facebook.com/語学堂-gogakudo-329023004268013/?modal=admin_todo_tour
インスタグラム:https://www.instagram.com/gogakudo_english/?hl=ja
ツイッター:https://twitter.com/GogakudoEnglish?lang=ja
広報担当 小倉 メールアドレス:ogura@shinhodo.co.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。