配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011237543-O1-T854Bwsj

AsiaNet 86779 (2214)

【上海2020年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】XCMG(000425.SZ)はbauma CHINA 2020に、120の建設機械製品、65の部品・コンポーネントの完全な展示ラインナップ、および同社の最新技術のデモンストレーションで参加する予定だ。

この建設機械、建設資材製造機械、採掘機械、建設車両の国際見本市は、11月24日から27日までShanghai New International Expo Center(SNIEC、上海新国際博覧中心)で開催される。XCMGは、屋外展示用のブースA.24-B.32と屋内展示用のW3.100-W3.811にあり、総展示面積は8878平方メートル(9万5562平方フィート)である。XCMGは、http://live.global-ce.com/baumachina2020xcmg/ を通じ、英語、ロシア語、アラビア語、フランス語、中国語でライブストリーミングも行う。

XCMGは中国の大手建設機械メーカーとして、また世界市場の上位5社の1社としてイベントで、「Dream Up、Build Better」という新しいブランドスローガンを紹介する。

最大の屋外出展者である同社は、巻き上げ、港湾、土木、鉱業、道路、杭打ち機械という主要セクターをカバーする世界最大規模の統合建設ソリューション、並びに情報技術の応用、鉱業および緊急救助製品セットの発表、海外市場向けの新型クレーン、掘削機、ローダーのリリースで注目を集めるだろう。

XCMGのWang Min会長は「この見本市では、XCMGの最高かつ最強のものを紹介する。XCMGは競争の激しい市場で主導権を握るために、品質とイノベーションにおいて一貫性があり持続的でなければならず、技術開発の最前線にとどまる必要がある」と語った。

XCMGは、無人掘削機XE335DK、音声認識機能付きインテリジェントショベルのXE215G、リモートインテリジェントコントロールを備えた世界初の全地形型クレーンであるXCA260など一連の新しいインテリジェント製品とテクノロジーに焦点を当てる。

XCMGは、新エネルギーの市場動向に合わせて、電動ローダーXC918EVとXC958EV、世界初のハイブリッドトラッククレーンXCT25EVなどのクリーンパワー製品を展示する。

XCMGの開幕日プレゼンテーションのハイライトは以下の通り:

*XCMGのグローバルデジタルスペアパーツサービス情報システムであるX-GSSの正式立ち上げ
*XCMG Road Machineryによる5Gインテリジェントキャビンのリリース
*スーパートン級ローダーXC9350の公式リリース
*10台のXCA1600全地形型クレーンの引渡し式
*大規模な共同建設のデモンストレーション

詳細な情報はwww.xcmg.com を参照するか、Facebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、InstagramでXCMGのページを参照。

ソース:XCMG

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377558
(写真説明:XCMGがbauma CHINA 2020に最大規模の屋外展示で参加へ)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。