配信元:@Press

株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:肥田 幸春)は、分譲マンション「ガーラ・アヴェニュー元住吉」(総戸数38戸)の販売[申込受付]を11月24日(火)より開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/236264/LL_img_236264_1.jpg
外観イメージ

〈ガーラ・アヴェニュー元住吉の主な特長〉
◆2路線利用で、主要エリアを網羅するクリエイティブなアクセス力
「ガーラ・アヴェニュー元住吉」の最寄り駅は、東急東横線と目黒線の2路線が利用可能な「元住吉」駅。東急東横線・目黒線から、東京メトロ副都心線・南北線、都営三田線、横浜高速鉄道みなとみらい線の計4路線に乗り入れを行うことで、「渋谷」駅をはじめとする様々な都市への直通アクセスが実現。首都圏を代表するビッグターミナルを身近にする街だからこそ、毎日の暮らしはさらにアクティブに充実します。


◆多彩な店舗が集積する複数の商店街を身近にした魅力的な住環境
「ガーラ・アヴェニュー元住吉」が位置するエリアでは、東急東横線・目黒線「元住吉」駅を中心に様々な都市機能が充実。複数の商店街をはじめ、スーパーや専門クリニック、教育施設などが徒歩10分圏内に揃い、レストラン・BARなどの個性あふれる飲食店も数多く点在しています。風情ある街並みは買い物に便利なのはもちろん、散策するだけでも楽しい時間を満喫できます。


◆居住者ニーズを追求した機能的な仕様設備・建物構造
【セキュリティ・安全性】
■先進のカードキーシステムを導入。1枚のカードでオートロック・エレベーター・玄関と各住戸に入るまで3重の施錠でより高い安全性を実現しました。カードキーは財布にも入るスリムなデザインで、電波・磁気・結露などの影響を受けず、キー交換も容易に行えます。
■シャッター付きドアスコープをはじめ、防犯用のドアロック部分カバー、強固な耐久性のドアガードなど、玄関ドアのセキュリティ面にも配慮しました。

【毎日の暮らしを支える確かな構造】
■アースドリル拡頭拡底工法(一部除く)により杭径約1,000mm~1,900mmの杭を9本構築し、建物を支えています。
■居室内の遮音性に配慮し、すべての居室に二重床・二重天井構造を採用しています。
■外の冷気が住戸内に伝わるのを軽減するため、マンション躯体に沿って柱・梁・壁の室内側に約20mm厚、最下階住戸のスラブ下は約35mm厚の断熱材を配しました。また、屋上の屋根部分は約35mm厚の外断熱としています。

【マンション生活をサポートするサービス】
■ご入居者様専用の相談窓口「ガーラコンシェルジュサービス」は、家賃・修理・更新・退室などの相談から、暮らしをサポートするためのフロントサービスも行います。
■全ての専有部に快適なインターネット接続環境(住戸内最大1Gbps)を提供します。無線LAN環境でもインターネットをご利用いただけます。

【こだわりの住戸設備】
■Siセンサー付き2口ガスコンロ[グリル付き]、節水機能付きのシングルレバー混合水栓、耐震ラッチ付きキッチン吊戸棚など機能性、デザイン性ともに優れたシステムキッチンを採用しました。
■バスルームには全戸にオートバスと浴室乾燥機を設置。ボタン1つでいつでも快適なバスタイムが楽しめ、また、天候や時間を気にすることなく洗濯物を乾かすことができます。
■住戸の水まわり空間は、バスルーム・パウダールーム・トイレ全てが独立プランとなっており、居住者ニーズを実現した都市生活にふさわしい設えとなっています。


<物件概要>
所在地 : 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町350番1(地番)
神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33番8-〇〇〇号(住居表示)
交通 : 東急東横線・目黒線「元住吉」駅より徒歩10分
売主 : 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
構造・規模 : 鉄筋コンクリート造 地上8階
総戸数 : 38戸
間取り : 2K・1DK
専有面積 : 25.43m2・25.65m2
竣工 : 2020年12月上旬予定
ホームページ: https://www.gala-series.com/ga-motosumiyoshi/


―販売に関するお問合せ先―
ガーラインフォメーションセンター
TEL:0120-86-2103

ガーラ・マンションシリーズのFJネクスト
https://www.fjnext.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。