配信元:@Press

宅配クリーニングサービス「クリーニングモンスター」を展開する株式会社シルキードライ(本社:大阪府枚方市、代表者:蜷川 親孝)は、過去に「クリーニングに持っていくのが面倒」や「クリーニングに出している暇がない」という趣旨のツイートをしていた人のクリーニング代金が完全無料になる「過去ツイート割」キャンペーンを2020年11月23日(月)にスタートしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/235445/LL_img_235445_1.jpg
過去ツイートでクリーニング代が完全無料に

クリーニングモンスター: https://cleaningmonster.jp/


■Twitterで、お客様を探す方法「過去ツイート割」
宅配クリーニングのお客様になり得るのは、「クリーニングに出すことが面倒」だと思っている人です。そこでSNSで、そういう趣旨のツイートをしたことがある人は、クリーニングモンスターのお客様なので、無料でご提供し、試していただこうと考えました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/235445/LL_img_235445_2.jpg
ツイートの例

■宅配クリーニングを使用したことがない人にも、その便利さを知ってもらいたい
例えば、働いているママさんや、夫婦共働きで、お金で時間を買うことが多い家庭では「新型コロナウイルスへの感染対策で、少しでも外出や人との接触を避けたいけれど、クリーニングに出したい洗濯物が溜まってきてしまった」、「忙しくてクリーニングに持っていく暇がないから、効率よくクリーニングをお願いしたい」といった悩みがあるのではないでしょうか。
そのような悩みを解決するサービスが「宅配クリーニング」です。過去ツイート割によって、宅配クリーニングを使用したことがない人にも、その便利さを知ってもらいたいと考えました。


■「クリーニング面倒」割キャンペーン概要
◯キャンペーン内容
世界最高峰のシミ抜き技術「不入流」を用いたクリーニング代金と送料が完全無料

◯割引キャンペーン対象者
今までクリーニングをあまり利用しなかった方で、2020年11月18日(水)までにTwitterで「クリーニングに持っていくのが面倒」や「クリーニングに出している暇がない」という趣旨のツイートをした100名様

◯応募方法
1. @Cl_Monster_ をフォロー
2. 上記の投稿をRT
3. サイトにアクセス( https://cleaningmonster.jp/ )
4. 注文画面の通信欄に、あなたの過去ツイートのURLをいれて注文!
※非公開アカウントや、キャンペーン期間外のツイートは割引キャンペーンの対象外となります。

◯過去のツイートの検索方法
Twitterの検索画面に「from:ご自身のアカウント名 検索したい言葉」と入れると、ご自身のアカウントから、指定の言葉を含んだツイートを検索することができます。(検索時に@マークは不要です。)


■宅配クリーニング業界の常識を壊す「クリーニングモンスター」
「クリーニングモンスター」は業界トップレベルのクリーニング品質を、圧倒的なサービスと価格で実現する集団です。
私たちは一つ一つのお品物と真剣に向き合い手間暇を一切惜しみません。
シミ抜きの最高技法「不入流(いらずりゅう)」、高レベルの技術力が要求されるカーペットの国際クリーニングライセンス「IICRC」など、時代の流れとともに進化する様々な技法を習得し最高基準の品質を追求しています。
国家クリーニング師でもある社長自らが現場に立ち、お客様の真の期待に応えご満足していただけるよう、ご要望の一歩先まで目を向け、様々なアイデアをプラスして最高品質へと導きます。
「全国のお客様に、どこよりも安く高品質なクリーニングを体験してもらいたい。」「一人でも多く、普段使いできる料金で最高の白さを感じて欲しい。」という願いを込めて、採算度外視の料金設計で、長年培った信頼の技術力によるクリーニング品質を、どこよりも安くより多くの方々に日常的にご利用していただきたいと考えています。


■会社概要
商号 : 株式会社シルキードライ
所在地: 〒573-0065 大阪府枚方市出口1丁目1-63
代表者: 代表取締役社長 蜷川 親孝
創業 : 1955年
URL : https://silky-dry.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。