配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 86819 (2233)

【レークメリー(米フロリダ州)2020年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*より早く、より使いやすい最高精度のポータブル検査ツール

3D測定、AEC(建築、エンジニアリング、建設)、公共安全分析のグローバルリーダー、FARO(R)Technologies, Inc.(NASDAQ:FARO)は25日、次世代のVantage レーザートラッカー 6 Degrees of Freedom(6自由度、6DoF)Probeを発表した。新しい6Probeは、卓越した携帯性を実現し、FARO VantageS6およびVantageE6レーザートラッカーとの互換性によって、ユーザーは製品をより速く、より正確に構築、検査、測定できる。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1340964/FARO_6DoF_Vantage_Probe_v2_AirplaneWing__1.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/95369/faro_technologies__inc__logo.jpg

6Probeは、最も困難な産業用アプリケーションの動的測定、速度、精度の要件を満たす費用効果の高い6DoFソリューションだ。運動学的自己識別スタイラスを使用することで、ユーザーはいまやプロービングチップをすばやく交換して再調整せずに測定することや、トラッカーの見通し線の外の隠れた領域を、より広い許容角度で測定することもできる。その結果が生産性と効率を高めるように設計された高度なツールのアップグレードだ。実際、新しい6Probeの一般的なユーザーはいまや任意の就業日に少なくとも30分の時間を節約できる。

FAROのLeo Martinez製品マーケティング担当マネジャーは「次世代のVantage レーザートラッカー6DoF Probeは、さまざまな作業環境で最大測定の一貫性と信頼性を拡張し、以前のモデルよりも高速で簡単なプロービングを通じてクラス最高の性能を提供する。Super 6DoFと従来の6DoFプロービングにより、FAROは業界で入手可能なものの中で最も包括的な6DoFソリューションを提供する」と述べた。

6DoFと標準プロービングは、自動的にアクティブターゲットの場所を特定し追跡する機能を持つFARO ActiveSeek(TM)によって強化されている。FAROトラッカーは、特許取得済みのSuper 6DoF TrackArmソリューションをサポートしている。これにより、Vantageと1つ以上のFARO ScanArmが連携して、大量測定用の統合された接触および非接触3D測定システムを構築できる。Super 6DoFは、最大60メートル(4メートルのリーチ)の範囲で見通し線の課題を解消し、優れた精度を維持しながら測定範囲を拡大する。

Vantageプラットフォームは、最大80メートルの包括的で大量の3D測定、大幅な合理化プロセス、検査サイクル時間の短縮を提供する一方で、結果の完全な信頼性を確保する。レーザートラッカーは、オプションの6Probeを介して6DoF測定機能を最大化し、隠れた領域や僅かなフィーチャーの正確な測定を可能にする。

FAROについての詳細な情報は、www.faro.com を参照。

ソース:FARO

▽問い合わせ先
Mark Benhard
media@faro.com
+1 407-333-9911 x1269

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。