配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 86863 (2257)

【ハバナ2020年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】ドイツ、オーストリア、ポーランドにおけるハバノスの独占ディストリビューターFifth Avenue Products Trading-GmbHは、参加者との対面とバーチャルの両形式を組み合わせたイベントでこの発売を発表した。

H. Upmann Connossieur No.2(H.アップマン・コネスールNo.2)(リングゲージ51、長さ134mm)は、H. UpmannとハバノスS.A. (Habanos, S.A.) のポートフォリオに初めて、51リングゲージを採用している。

ドイツ、オーストリア、ポーランドにおけるハバノスの独占ディストリビューターのFifth Avenue Products Trading-GmbHを通して、ハバノスS.A.は、この新しいビトラのH. Upmann Connossieur No.2(リングゲージ51、長さ134mm)を世界初公開した。

マルチメディア・ニュースリリースを見るには次をクリック:
https://www.multivu.com/players/uk/8821051-habanos-premiere-h-upmann-connossieur/

今回の発表では、グラシン紙とサンドラリボンを施した天然木材のスライディングボックスと、世界最高と見なされるタバコが育つブエルタアバホ(Vuelta Abajo)(注)地方でラッパー、フィラー、バインダーの葉を丹念に選んだ「全てが手作りのロングフィラー」シガー25本の構成で披露された。

H. Upmannは新しいビトラの51リングゲージを初めてこのブランドとハバノスS.A.のポートフォリオに加えることになった。同様のフォーマットと強さが軽めのこのハバノが標準商品ラインに加わることで、大成功を修めてブランド内の評価を高めたLinea Connossieurがより豊かなものになる。

H. Upmann Connossieur No.2のプレゼンテーションは、シュプレー川に近いベルリン市内の改装された脱工業ビルにあるレストランSageで行われた。これは対面でのインタビューやテイスティングと、バーチャルの参加者が質問をし、音声メッセージを送ったり、グループチャットによって参加者と相互交流できるバーチャル要素を組み合わせたハイブリッドイベントだった。オンラインの参加者は合計350人だった。

このイベントを通し、参加者は新しいH. Upmann Connossieur No.2の初回限定テイスティングにも参加する機会を得た。各参加者にはチューブに入ったH. Upmann Connossieur
No.2、マッチ、シガーカッター、ZIEGLERのミニチュアドリンク、ドイツブランドSaine Dubenkroppのチョコレート、今回の発表に関する情報が入った「ウエルカム・パック」が贈呈された。

H. Upmannはハバノスの最も歴史があるブランドの1つである。1844年にアップマン兄弟によって作られ、今日に至るまでそのブランドは健在で、軽めから中間の強さを持ち、最も洗練されたハバノスの代表とされている。品質はこのブランドを最も特徴付ける要素の1つであり、それは19世紀に11もの国際フェアでこのブランドが獲得したイメージを引き立てる複数のゴールドメダルが実証している。

Fifth Avenue Products Trading-GmbHはドイツ、オーストリア、ポーランドでのハバノスS.A.の公式ディストリビューターである。1989年、Heinrich Viliger氏はハバノスS.A.との協力の下、ハバノス・シガーを世界で初めて独占的に輸入・販売する合弁企業を設立した。現在、同社はハバノスのポートフォリオにある27ブランド全てを販売している。

(注)保護原産地呼称(Protected Appellations of Origin)

 
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1342583/H_UPMANN_Connossieur_No2.jpg

▽問い合わせ先
Carla Lladó
Tel: +34-93-201-10-28
press.habanos@yr.com

ソース:HABANOS SA

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。