配信元:共同通信PRワイヤー

学生競技プログラマー向けの就活支援サイト「AtCoder Career Design」を開設

2020年12月1日
株式会社 電通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下「当社」)は、AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高橋 直大、以下「AtCoder」)、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行、以下「マイナビ」)と業務提携契約を本日締結しました。3社が連携し、日本の国家課題である先端IT人材不足の解消に取り組んでいきます。その第1弾として、学生競技プログラマー向け就活支援サイト「AtCoder Career Design」を11月30日に開設しました。

 人工知能やビッグデータを使いこなせる先端IT人材は、革新的な価値創出や生産性向上の担い手として、世界の企業で需要が高まっています。一方、プログラミング競技で卓越した能力を見せる学生であっても「どのような仕事・会社で活躍できるのか分からない」、企業側の採用担当者も「どのような先端IT人材が自社で活躍できるか分からない」といった、コミュニケーション不足による就職・採用機会の損失が起きています。こうした状況に対し、これまで当社はAtCoderと共に、先端IT人材の採用・育成の課題に継続的に取り組んできました。

 本提携では、競技プログラマーに強いネットワークを持つAtCoder、学生・企業とのネットワークと採用・就職の支援ノウハウを持つマイナビに、コミュニケーションを中心としたビジネスプロデュースを得意とする電通が連携しました。3社の強みを掛け合わせ、学生競技プログラマー向け就活支援サイト「AtCoder Career Design」を開設し、先端IT人材と企業の就活コミュニケーションを支援します。競技プログラマーの活躍と企業の成長に貢献することで、先端IT人材不足の解消を目指すとともに、日本の産業競争力の強化に寄与していきます。

【学生競技プログラマー向け就活支援サイト「AtCoder Career Design」】

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011307864-O1-qEwlmjuA

(サイトURL) https://career.atcoder.jp/

“就職活動期のAtCoderユーザー”と“採用を目指す企業”の総合情報プラットフォームです。主要コンテンツのひとつである「働く競技プログラマー図鑑」では、競技プログラマーのスキルや経験が企業でどのように生かされているか知ることができ、ユーザーの職業観を醸成します。また、ユーザーの就活モチベーションに寄り添う「企業からのメッセージ」や「競技プログラマーのための就活講座」を提供し、主体的で前向きな就活を支援します。

【今後予定している取り組み】
AtCoderが開催する競技プログラミングコンテストの企業協賛枠の販売
公式検定本の出版(マイナビ出版)
合同説明会などの就職支援サービスの共同開発
学生に向けたキャリアガイダンスの実施

 
<AtCoder 会社概要>
社名:AtCoder株式会社
所在地:東京都新宿区新宿4-1-23新宿SKYビル7階
設立日:2012年6月
代表者:代表取締役社長 高橋 直大
事業内容:プログラミングコンテストサイト「AtCoder」の開発・運営
プログラミングコンテストの企画・運営
ソフトウエアエンジニアの採用支援・能力判定業務
URL:https://atcoder.jp/home

 
<マイナビ 会社概要>
社名:株式会社マイナビ
所在地:東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
設立日:1973年8月
代表者:代表取締役社長 中川 信行
事業内容: 就職情報サイト「マイナビ」の運営など
     「マイナビ2021」URL:https://job.mynavi.jp/2021/
     「マイナビ2022」URL:https://job.mynavi.jp/2022/
URL:https://www.mynavi.jp/

以上

【事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通 トランスフォーメーション・プロデュース局
        松永、塚本
        Email:atcoder-project@dentsu.co.jp

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。