配信元:@Press

株式会社JBS(所在地:東京都中央区、代表者:ジョンビョンス)は、完全ハンズフリーのウェアラブル360°カメラ“FITT360”を日本最大級のクラウドファンディングサイトMakuakeにて11月11日より先行販売いたします。日本向けの販売は今回が初めてです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_1.jpg
メイン画像
■プロジェクト概要
キャンペーン期間: 11月11日~12月15日(予定)
プラットフォーム: Makuake
URL : https://www.makuake.com/project/fitt360/

Makuakeだけの価格で購入いただけるのはこの期間だけです!


■FITT360とは
高い技術力を誇る韓国のLINKFLOW社のウェアラブル360°カメラシリーズです。
普段使いや旅行・アクティビティに最適な高いデザイン性とお手頃な価格を実現した“FITT360”とBtoBをメインとしたセキュリティ会社でも使用できる高い技術力を集結させたフラッグシップモデルの“FITT360セキュリティ”の2タイプがあります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_2.jpg
“FITT360”と“FITT360セキュリティ”

今回Makuakeでクラウドファンディングを行うのは“FITT360”です。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_11.jpg
カラー展開

■ご紹介したい“FITT360”の大きな特徴5つ
<1. FirstPersonView>
臨場感溢れる1人称視点、つまり自分が見ている視点での撮影ができます。FITT360の撮影画角は360°なので撮影者の周辺をぐるりと一周分撮影する事ができます。
録画されたものは後でスマホやPCなどで再生する際にも角度の変更が可能です。またVRゴーグルを使用する事でまるで自分が現場にいるような没入感を得る事ができます。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_3.png
1. FirstPersonView
<2. 完全ハンズフリー>
これまでの360°カメラにで悩まされていたスティック等のアクセサリーから解放され、空いた両手と空間は自由に使う事ができます。FITT360で作業する手元を録画してみせることも可能です。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_4.jpg
2. 完全ハンズフリー
<3. ライブ配信>
YouTubeからの360°リアルタイムライブ配信であなたの日常や特別な瞬間をシェアすることができます。FITT360で撮影したあなたの瞬間をFITT360アプリからSNSにシェアしてみては如何でしょうか。(リアルタイムYouTubeライブ配信はYouTubeからの制限によりチャンネル登録者数1000人以上の場合に可能となります。)
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_5.jpg
3. ライブ配信
<4. In-device Stitching>
FITT360はレンズを3台搭載することにより360°の画角を実現しています。通常3つのレンズで撮影したものを繋ぎ合わせるためには動画専用のソフトやアプリケーションでの編集が必要ですが、FITT360にはそのような手間はありません。全て1台で完結させ、自然な360°の映像として記録します。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_6.gif
4. In-device Stitching
先述のとおりFITT360にはレンズが3つあります。360°の画角をカバーするためそれぞれのレンズは異なる位置についているので、陰になってしまう場所や逆に日当たりの良過ぎる場所など差がでてしまいますが、FITT360はそんな露光の調整もこの1台で可能です。異なる明るさの動画も自動で調節し自然な1つの動画として記録します。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_7.jpg
露光補正

<5. こだわり抜かれたデザイン>
たった一つの直線も見逃さず設計された人間工学的デザインで、装着時や手に持った際に馴染みます。洗練されたデザインはファッションの邪魔にならず見た目も馴染みます。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_8.jpg
5. こだわり抜かれたデザイン

■何故ネックバンドなのか?
首は体の中で最も揺れが少ない部位で安定しているため撮影に向いています。またネックレス等やスカーフ等の装飾をつけるように、ユーザーにとって邪魔にならない心理的障壁が低い位置と言えます。
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_9.jpg
何故ネックバンドなのか?
なにより首元から撮影した場合、人の視野に一番近い高さになるため没入感の高い映像になります。頭にカメラを装着したりバイクに取り付けて撮影した場合はここまでの没入感を得る事は難しいでしょう。

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_10.jpg
高い没入感

■カラー展開
今回のクラウドファンディングでご用意したのはブラック・ホワイト・ミントの3色です。
より詳しい情報は是非Makuakeでご確認ください。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_11.jpg
カラー展開
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/237351/LL_img_237351_12.jpg
仕様

また、BtoB用の“FITT360 Security”のお問合せは株式会社JBSまでお願いいたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。