配信元:@Press

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京都文京区/以下「SSI」)では、参加者をはじめ関係各位の安全と健康を最優先し、新型コロナウイルスの影響下にある会場での受講に不安のある方のために、会場へ来場することなく資格取得ができる「きき酒師 通信プログラム1月生」「焼酎きき酒師 通信プログラム1月生」の受講受験料を特別価格といたします。
通信プログラムでも、会場受講と同様の価格での受講が可能です。

「通信プログラム」で「きき酒師」または「焼酎きき酒師」の資格取得をお考えの方は、ぜひこのチャンスをお見逃しなく、12月25日までにお申し込みください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/237583/LL_img_237583_1.jpg
きき酒師に認定されるとこのような証書やバッジが届きます

●通信プログラムなら、外出なしに資格取得が可能
「通信プログラム」は、外出することなく、時間を有効に使って「きき酒師」または「焼酎きき酒師」の知識や能力を身に付けられるところが魅力です。時間や場所を選ばず、課題を3回提出して合格基準に達すれば資格が取得できます。長年の実績に裏打ちされ開発されたテイスティング教材などを用いて、実践的な学習ができるようSSIが全力でサポートいたします。


●きき酒師とは
日本酒のソムリエ「きき酒師」は1991年に制定された日本酒の販売・提供資格で、飲食サービス業、酒類流通販売業に従事する方々を主に、これまで4万名以上の方々が認定を受けています。
「きき酒師」は、“消費者視点”をキーワードに、セールスプロモーション企画力・サービス技術力を持って、日本酒に付加価値を添え、日本酒を日本が誇る商材として扱えるプロフェッショナルです。日本酒のことのみならず、飲食サービス・販売職従事者に必要な能力を身に付けられることから、新卒や他業種などから新たにこの業界で活躍を目指す方々や、近年では日本酒愛好家の方々にも支持されております。


●きき酒師、焼酎きき酒師 通信プログラム1月生 受講受験料およびお申し込み方法
<受講受験料>
初めての方: 58,800円(通常時価格:78,400円)
※FBO認定会員価格は対象外となります。

<お申し込み方法>
当会の「オンラインクラブもてなしびと」からお申し込みください。
・きき酒師 通信プログラム
詳細・申し込み: https://kikisake-shi.jp/corres/

・焼酎きき酒師 通信プログラム
詳細・申し込み: https://www.shochu-kikisake-shi.jp/tsushin/

※1月生は、12月25日(金)までにお申し込み・ご入金が完了した方です。

<4月(新年度)資格取得がかなう、通信プログラム特別スケジュールについて>
通常、通信プログラムは課題提出が1か月に1課題のみであり、1月生の場合最短での資格認定は5月1日となりますが、今回のみ、「新年度 4月1日の資格認定」ができるよう、認定までの期間を短縮した特別スケジュールを設定いたしました。
※2月末までにすべての課題をご提出いただき、合格基準に達した場合となります。


●通信プログラムのご案内動画はコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=bI1xMPfGSJo&feature=youtu.be


●きき酒師「通信プログラム」の詳細
https://kikisake-shi.jp/corres/


●焼酎きき酒師「通信プログラム」の詳細
https://www.shochu-kikisake-shi.jp/tsushin/


●お問い合わせ
SSI事務局:TEL 03-5615-8205


■SSI URL: https://www.ssi-w.com/
設立年 :1991年2月(1990年11月設立準備委員会発足)
活動内容:
・日本の酒を主眼とした酒類全般、飲食に関する調査研究
・日本の酒の提供販売に関するプロフェッショナル育成および資格認定
・消費者に対して日本の酒の適正な知識の啓発普及ができる人材の育成と資格認定
・日本の酒の適正な啓発普及をおこなう事業
・日本の酒の普及・発展に関する表彰等の授与
・日本の酒の国際化と国際商品にするための事業
※SSIはNPO法人FBOの加盟団体です。


■NPO法人FBO URL: https://www.fbo.or.jp/?page_id=9


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。