配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 86955

EVONET Global Pte. Ltd、シリーズA資金調達ラウンドで3000万米ドルを調達

【シンガポール2020年12月1日PR Newswire】EVONET GlobalはシリーズAラウンドで、CardInfoLinkを通じてTIS株式会社(TIS Inc.)(www.tis.co.jp )から3000万米ドルの資金調達に成功したと発表しました。この資金は、モバイルウォレット運営会社やアクワイアラ、金融サービス事業者などの相互運用を支援する金融サービスのための革新的なプラットフォームとその事業の設立に充てられます。プラットフォームが設立されると、国境をまたぐ小売決済、送金や保険などのデジタル金融サービスのほか、国際的なモバイルウォレットのサービスが可能になります。モバイルウォレットユーザーは安全で便利なサービスをいつでもどこでも利用できます。

この新たな投資ラウンドによってEVONET Globalは、アジア地域のモバイル決済・金融サービス業界の新技術リーダーとしての地位を確立し、グローバル展開をさらに拡大することも可能になります。この地域のモバイル決済と金融サービス市場は飛躍的に拡大しており、プラットフォームは相互運用と共有金融サービスを通じて、ビジネスの更なる拡大をサポートします。

EVONET GlobalのJames Zhao最高経営責任者(CEO)は「このプラットフォームは相互運用の小売決済を実現し、モバイルウォレットユーザーがアジア地域のデジタル金融サービスを利用できるようになることで新たな収益を生み出し、モバイルウォレット運営会社の競争優位性を高めることができます。その取引量はモバイルライフスタイルの普及により、近い将来に急激に拡大すると見込まれます。」と言及しました。

▽EVONET Global Pte. Ltdについて
CardInfoLinkの完全子会社であるEVONET Global Pte. Ltdは、デジタル金融サービスと越境小売決済サービスをユーザーに提供することで、提携するモバイルウォレットパートナーに新たな収益を生み出し、競争優位性を高める革新的な金融サービスプラットフォームです。

▽TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

▽CardinfoLinkについて
CardinfoLinkは2010年に設立されました。中国や日本、韓国、東南アジアで100社以上の銀行とノンバンクに決済取引を処理する革新的な決済技術ソリューションを提供しています。取り扱う国際決済ブランドはビザ(Visa)、マスターカード(MasterCard)、銀聯(UnionPay)、アメリカン・エキスプレス(Amex)、JCB、ディスカバー(Discover)、ダイナーズカード(Diners Club)、MPU、Truemoney、WeChat Pay、GrabPay、AliPayです。このほかロイヤルティープログラムやエスクロー(第三者預託)支払い、ミニプログラムその他の革新的なサービスも手掛けます。上海、無錫、香港、東京、バンコク、シンガポールに事務所を置き、増大する顧客にサービスを提供しています。



▽問い合わせ先:
Foo Kok Hee
Regional Business Development Head
kokhee.foo@evonetglobal.com



(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。