配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/fgqynjTAxQa154KEBYIQ.png


吉祥寺駅より徒歩2分の好立地にある「酒楽処 吉っ子」は、創作和食を新鮮な魚介を中心に展開している和食レストランです。豊洲で仕入れた新鮮魚介類を満喫できます。そして「酒楽処 吉っ子」の絶品料理と一緒に味わってもらいたいのがオーナーが厳選して揃え提供している日本酒をはじめとしたお酒類です。
お店で味わえるメニューとのマリアージュを楽しめるラインアップは、華やかな創作和食の世界を盛り上げてくれます。くつろぎスペースで美味しく楽しいひと時を「酒楽処 吉っ子」で過ごしてみましょう。


ハイクオリティでリーズナブルさがお店のこだわり


画像 : https://newscast.jp/attachments/foHWxh9JKcJdOYVC1laE.png


和食を、そして魚を堪能したいという方に、「酒楽処 吉っ子」はおすすめのレストランです。厳選された新鮮な魚介は豊洲から毎日仕入れているもので、こだわりの創作スタイルで提供されています。その美味しさを、まずは自慢のお刺身で味わってみてください。旬の魚の美味しさを楽しめます。そして魚介の美味しさを知り尽くしているオーナーが作り上げる魚料理は、お刺身のみならず、じっくりと焼き上げられた旨味たっぷりの焼き魚や、ふっくら柔らかで味がしっかりと染み込んでいる煮魚など魚の美味しさを改めて感じられる逸品揃いです。
そして和食の魅力は季節感を一皿に表現していることでもあります。
「酒楽処 吉っ子」ではその要素を存分に感じられる目にも美しいその季節の旬の素材を最適な調理法で提供しています。クオリティが高いメニューの数々を気取らないリーズナブルな価格で楽しんでもらいたいというお店のポシシーは、何度も通いたくさせてくれる美味しさで溢れています。


食事と一緒に楽しめる充実のドリンクメニューが人気


画像 : https://newscast.jp/attachments/TATqkblNa5LoT5KyYntO.png


美味しい料理は美味しいお酒があって成り立つもの、というコンセプトから「酒楽処 吉っ子」ではこだわりのドリンクメニューも提供していて、その点も人気の要素になっています。ドリンク内容の中心は日本酒で、日本各地から厳選した日本酒を中心に、10種類ほど展開、その他焼酎に関しても常に15種類ほど用意。
また、ウイスキー、カクテルなど、全て合わせると50種類ほどにもなる様々ドリンクの提供により、どなたでもお酒と料理を楽しく味わえる内容にしています。「酒楽処 吉っ子」で料理を引き立ててくれるお酒を選んで、ベストコンビネーションを楽しんでみましょう。


落ち着いた店内で美味しい和食に舌鼓


画像 : https://newscast.jp/attachments/iNlgzS5M5Z5LvFqD6U89.png


大人がゆっくりと寛げる落ち着いたスペースは、リラックスして食事やお酒を楽しめる雰囲気作りをしています。カウンター席もあり、一人でゆっくりと時間を費やしたいときにもおすすめです。また、テーブル席はゆったりとした作りで、居心地よく過ごせます。
素敵な雰囲気でも堅苦しいということはなく、むしろ行くことで気分もリセットできるような場所でもあります。様々なシーンで活用したくなるレストランが「酒楽処 吉っ子」です。


酒楽処 吉っ子 の店舗情報


店名:酒楽処 吉っ子
電話番号:05052680378
住所:〒1800004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-25-3 丸ビル 1F


地図 : https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%921800004+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%AD%A6%E8%94%B5%E9%87%8E%E5%B8%82%E5%90%89%E7%A5%A5%E5%AF%BA%E6%9C%AC%E7%94%BA1-25-3+%E4%B8%B8%E3%83%93%E3%83%AB+1F


酒楽処 吉っ子 : https://ekichica.com/service/shp15987/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。