配信元:@Press

現在、自分のペースでランニングを楽しめるオンラインランイベント「ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェス」を実施しているJALホノルルマラソン2020。このたび、オフィシャルアーティストBEGINによる大会オフィシャルテーマソング「粛々楽々」が完成し、12月13日に開催される「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2020 in 石垣島 ~with JAL ホノルルマラソン~」の生ライブ配信にて楽曲を公開いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/238341/LL_img_238341_1.png
うたの日コンサート2020 in 石垣島 ~with JAL ホノルルマラソン


「うたの日」はうたの島と言われている沖縄で2001年に始まったコンサートです。うた、そのものを主役にして、みんなでうたに感謝する日として今年で20回目を迎えます。新型コロナの感染拡大の中、通常の開催は中止となりました。そんな中、ホノルルマラソンのオフィシャルアーティストでもあるBEGINとなにかできないかと模索し、今回は無観客での配信ライブとして「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2020 in 石垣島 ~with JAL ホノルルマラソン~」を実施する運びとなりました。

本ライブは、12月13日(日)15時半~18時までJALホノルルマラソン公式サイト( https://www.honolulumarathon.jp/2020/ )、YouTube BEGINch、FM石垣サンサンラジオ動画( https://www.fmishigaki.jp/player )で無料ライブ配信をするほか、石垣サンサンラジオでの生放送を実施いたします。当日は、JALホノルルマラソン2020-2021オフィシャルソング 『粛々楽々(しゅくしゅくらくらく)』が初披露されます。今回がホノルルマラソン2度目のオフィシャルアーティストとなるBEGIN。5年前ハワイの地で出演したホノルルマラソンのライブイベント、アロハフライデーナイトと同じ野外ステージで、今回も熱いライブを見せてくれることでしょう。尚、オフィシャルテーマソングの「粛々楽々」は12月9日(水)より各音楽配信サービスにて配信開始となります。

『粛々楽々』は、ホノルルマラソンを愛する、そしてホノルルに思いを馳せて「ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェス」に参加するすべての人を応援する、ハワイアン調のサウンドとハートフルな歌詞が魅力の一曲です。今回の楽曲にはBEGINが兼ねてより交流のあったハワイ・ホノルル出身のジェイク・シマブクロがウクレレで参加。ハワイの空気を感じさせるサウンドに仕上がっています。ヴォーカルの比嘉栄昇さんは「今回、ホノルルマラソンの12月開催は断念した形となりましたが、マラソンランナーの皆さんの想いは止まらないと思います。粛々とそして楽しそうに走る大勢のランナーを思い返すと、昔オアフ島を走っていたというサトウキビ列車「Suger Cane Train」のようだなと思い、甦る機関車をテーマにしました。
そんな曲にウクレレの音は必ず入れたいと思っていたので、ハワイを代表する世界的なウクレレプレイヤーでありハワイ・沖縄で同じく、伝統を受け継ぎながらも音楽を生み出している仲間でもあるジェイク・シマブクロさんにウクレレを演奏して頂きました。」と、その想いを語っています。


【沖縄からうた開き!うたの日コンサート2020 in 石垣島 ~with JAL ホノルルマラソン~ 開催概要】
タイトル : 沖縄からうた開き!うたの日コンサート2020 in 石垣島 ~with JAL ホノルルマラソン~
主催 : うたの日実行委員会
出演 : BEGIN
公演日 : 2020年12月13日(日)
開場/開演: 15:30
終演予定 : 18:00
配信方法 : 無料配信
・YouTube「BEGIN ch」( https://www.youtube.com/user/BEGINch )
※配信終了後~12月15日(火)23:59までアーカイブ
・JALホノルルマラソン公式 HP( https://www.honolulumarathon.jp/2020/ )
・FMいしがきサンサンラジオ( https://www.fmishigaki.jp/player )
・FMいしがきサンサンラジオ生中継
公式サイト: http://www.utanohi.jp/


【楽曲概要】
JALホノルルマラソン2020-2021オフィシャルテーマソング
「粛々楽々」
2020年12月9日(水)各配信サイトにて配信リリース
https://lnk.to/begin_C943

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/238341/LL_img_238341_3.jpg
「粛々楽々」ジャケット写真


【BEGIN プロフィール】
メンバー全員、沖縄県石垣島出身。1990年『恋しくて』でデビュー。その後も順調にリリースを重ね、数多くのステージに出演。代表曲の「島人ぬ宝」、「涙そうそう」、「笑顔のまんま」などは老若男女に歌い継がれる楽曲となっており、最近では「海の声」が大きな反響を呼ぶ。
近年はブラジルやハワイで公演を行うなど国内外で活躍の場を広げ、ブルースから島唄まで多彩な音楽性と幅広い年齢層から支持を集めている。
また、サンバの起源となったリズムである「マルシャ」と八重山諸島の言葉である“しようよ”という意味の「ショーラ」を掛け合わせた「マルシャ ショーラ」でこれまでの日本の音楽の中にはなかった、老若男女誰でも楽しめる新たな参加型の音楽スタイルで多くのファンを魅了し続けている。2020年3月21日でデビュー30周年を迎え、ますます精力的に活動の幅を広げている。
https://www.begin1990.com/

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/238341/LL_img_238341_2.jpg
BEGINメイン写真


<ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェス 大会概要>
■名称
ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェス(Honolulu Marathon Virtual Beachfest)

■主催
ホノルルマラソン協会(現地協会)

■協賛
日本航空/佐藤製薬/NTTドコモ/ミズノ

■競技種目/定員
・フルマラソン・バーチャルレース ワンデー/マルチデー 20,000人
※以下表記:フルマラソン

・10Kラン&ウォーク・バーチャルレース 5,000人
※以下表記:10Kラン&ウォーク

・カラカウアメリーマイル・バーチャルレース 3,000人
※以下表記:カラカウアメリーマイル

■専用コード購入期間
2020年12月27日(日)23:59まで ※日本時間

■エントリー期間
2020年12月1日(火)19:00~12月31日(木)18:59まで ※日本時間

■イベント実施期間
2020年12月1日(火)19:00~12月31日(木)18:59まで ※日本時間

■結果申告締切
2020年12月31日(木)18:59まで ※日本時間

■参加条件
7歳以上、GPSアプリでアクティビティログを取れる方/トレッドミルの走行記録を取れる方

■参加料金と特典
・フルマラソン(42.195km) 7,500円
特典…フルマラソンフィニッシャーTシャツ、フルマラソン完走メダル

・10Kラン&ウォーク(10km) 7,000円
特典…10Kラン&ウォーク参加記念Tシャツ、10Kラン&ウォーク完走メダル
※イベントサイトはSTART TO PARKと表記されます。予めご了承ください。

・カラカウアメリーマイル(1.6km) 6,500円
特典…カラカウアメリーマイル参加記念Tシャツ、カラカウアメリーマイル完走メダル

*フルマラソン完走Tシャツ、各完走メダルは、ログを提出して完走が承認されないとお受け取りいただけません。
*デジタル完走証はエントリー時に作成するマイアカウントページよりダウンロードいただけます
*お申し込みには、別途事務手数料(下記参加料の5%)がかかります。

■エントリー方法:日本事務局オフィシャルサイトでエントリーに必要な専用コードを購入のうえ、ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェス特設サイトにてエントリー手続。詳細は日本事務局オフィシャルサイトにてご案内しています。

■ウェブサイト:ホノルルマラソンのご案内は、大会公式サイトでもご覧いただけます。

日本事務局オフィシャルサイト(日本語): https://www.honolulumarathon.jp/2020/
現地協会オフィシャルサイト(英語) : https://www.honolulumarathon.org/


<一般の方からの大会に関するお問い合わせ先>
ホノルルマラソン日本事務局
E-mail: info@honolulumarathon.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。