配信元:共同通信PRワイヤー

報道関係者各位
プレスリリース

                                                2020年12月吉日
株式会社 エス・デー

日本で生まれた「トリックアート」が人の心をつかむ秘密 『コミュニケーションを生み出すアートの力』発行

 “TrickArt(トリックアート)”を創造し、企画・制作を行っている株式会社エス・デー(本社:栃木県那須郡那須町、代表:清水 弘)は、 『コミュニケーションを生み出すアートの力』(著者:清水弘)を11月20日(金)に発行いたしました。 本書は今まで語られることがなかった「トリックアート」の誕生秘話から、制作の裏側までを如実に描いた1冊となっています。こんな時代だからこそアートでコミュニケーションを・・・驚きの体験をつくってきた35年が今明かされます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012058186-O1-1z7Git43】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012058186-O2-V3U0I89T

著書:清水 弘
小売希望価格: 印刷書籍版 1,480円(税別)
発行/クロスメディア・パブリッシング

  
       
<発行主旨・内容紹介>

アートは一部の人たちのものではない。もっと身近なものであるべきだ。「トリックアート」の創始者
剣重和宗が考え創造した、見る人が参加する体験型アート。“トリックアート”は「不思議に見える仕掛け」である“トリック”と、「絵の魅力」である“アート”が組み合わさって成り立っている日本で生まれた造語であり、剣重和宗が標章としたこの言葉が持つ本当の意味や、作品がいかにして誕生し成長を遂げていったか、さらにはそれがもたらす人々への影響と未来について綴った著書となっています。

本書では、トリックアートの起源ともいえる「だまし絵」の歴史にも触れ、西洋絵画におけるエピソードや様々な技法も紹介。アート集団エス・デーが絵を描くときの技術的な要素を基礎としつつ、高い表現力を求め“手描き”にこだわる中で、いかにして斬新なアイデアを生み出し、トリックアートを発展し続けているかが解き明かされます。

いつの時代にも「人と人とのコミュニケーション」の大切さに変わりはなく、トリックアートを通じて、より多くの方々が文化を楽しみ、豊かな心を育んでいただける事を願う、著者の思いを込めた一冊となっています。

 
<目次>
序  章   トリックアートの基礎知識
第1章   トリックアートはどのように誕生した?
第2章   アートとは「コミュニケーション」である
第3章   トリックアートを「つくる」人
第4章   未来を創造する

<著者紹介>
清水 弘
1945年山形県生まれ。商業高校を卒業後、地元のカーディーラーに入社。
1988年株式会社エス・デーに転職し、創業者であり、「トリックアート」の創始者である
剣重和宗を支える。1997年の兄の急死により、同社を引き継ぎ、組織改革や収益改善を行い、事業を安定させる。 現在では、「トリックアート」を全国17ヶ所の常設施設と年20回以上の企画展・イベントを行うなど、合わせて年間260万人の来場者を達成するコンテンツに発展させた。近年では地方の活性化や街のアートプロジェクトに力を注いでいる。

 

 
<お問い合わせ先>

本書に関するお問い合わせ
株式会社 エス・デー / 那須本社
担当:石澤・萩島
TEL:0287-62-8388
URL:www.trick-art.jp/

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。