配信元:共同通信PRワイヤー

~ファインバブル生成技術特許の実施権を2月1日より販売します。~

2021年1月18日
株式会社テックコーポレーション
http://www.techcorporation.co.jp/
 

ファインバブル技術をアメリカ、中国、東南アジア諸国に展開

~ファインバブル生成技術特許の実施権を2月1日より販売します。~

 

 環境・衛生関連機器開発製造の株式会社テックコーポレーション(代表取締役社長:中本義範 本社:広島県広島市中区 以下、当社)は自社が保有するファインバブル生成技術関連の国際特許について、その実施権を2021年2月1日より販売いたします。

 ファインバブルとは水中に浮遊する100マイクロメートル未満の気泡のことです。ファインバブルは洗浄効果や植物の成長促進、殺菌促進、浸透促進、鮮度保持効果を持ち、環境保全、農業、水産業、食品、医療、美容など様々な分野での活用が期待される技術です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101189905-O6-Smi9cr45

 ウルトラファインバブルは浮力がほとんど働かず、水中を微振動(ブラウン運動)しながら長期間水中をただよう気泡です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101189905-O7-D27HTw5A

 当社では、1マイクロメートル未満の「ウルトラファインバブル」を生成する技術で国内外に特許(国内登録番号4563496)を有し、さらには洗浄、除菌効果を有する電解水とファインバブルを組み合わせたファインバブル電解水生成に関する特許(登録番号5628403)を保有しています。この技術を利用した製品づくりや用途開発を行いたい国内外の企業に対して、当社の特許実施権を販売いたします。

 

【当社ファインバブル関連情報】
http://www.techcorporation.co.jp/product/nano/pro11_index.html

 

【対象国と特許登録番号】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106379/202101189905/_prw_PT1fl_5OL16XS1.png

 

上記以外にも登録国多数あります。詳細に関するご質問等については、以下のメールアドレスもしくは、自社Webサイトの問い合わせフォームにて受け付けております。

問合せフォーム:http://www.techcorporation.co.jp/contact/contact_form.php

担当:東京支社第三事業部 中野 安藤 (TEL:03-3272-1530)

メールアドレス:info@techcorporation.co.jp

以上 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。