配信元:共同通信PRワイヤー

2021年1月18日

各位

 

JA三井リース株式会社

 

株式会社グリーンパワーインベストメントが組成した再生エネルギー発電事業ファンドへの出資について

 

JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷周三、 以下「JA三井リース」)は、株式会社グリーンパワーインベストメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂木満、以下「GPI」)が組成した、陸上風力を含む再エネ発電事業ファンドとして日本最大級となる「グリーンパワーリニューワブル1号投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)に出資しましたので、下記の通りお知らせいたします。



1.出資の目的

 地球温暖化・気候変動に対処すべく、世界的に脱炭素化の動きが加速する中、JA三井リースでは、中期経営計画「Real Change 2025」にて「再生可能エネルギーや自家消費型エネルギー関連ビジネスの加速」を重点施策に掲げ、ファイナンスや出資を通じた再生可能エネルギー普及を支援しています。

本ファンドは、国内5か所で運転稼働中の再エネ事業へ投資することで、クリーンなエネルギーの供給と地域活性化に貢献するものであり、JA三井リースの経営理念「Real Challenge, Real Change」に掲げる 「より良い社会と未来」の実現につながる社会的意義の高い案件として出資に至ったものです。

 

2.本ファンドの概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202101189907/_prw_PT1fl_zthX6w60.png

 

【本件に関するお問い合わせ先】

経営企画部 広報IR室  電話:03-6775-3002 以上

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。