配信元:@Press

スイス・ジュネーブに本拠を構える高級時計ブランド<レイモンド・ウェイル>は、フランスの伝統色“アントラシート”をムーブメントに施した、「フリーランサー」フルスケルトンタイプのバージョンアップモデル『2785-BKR-20000』を、2021年1月より全国の販売代理店にて発売いたします。今回のバージョンアップにより、美しくカラーリングされたスケルトンムーブメントを眺められる範囲が広がりました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_1.jpg
FREELANCER 2785-BKR-20000

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_2.jpg
【深みのある洗練されたカラーが魅力の“アントラシート”を施した スケルトンムーブメント】

アントラシートはフランスの伝統色で、ブラックに近いダークグレーのような色合いです。アントラシートを実現するには、繊細な色付けの作業を要すると言われています。このカラーリングをムーブメントに施すため、NAC仕上げと呼ばれるプラチナ合金を用いたコーティング技術を採用しました。これは高級時計メゾン御用達のスイスの表面加工プロバイダー STS(Saulcy Traitement de Surface)が3年の開発期間を経て、2017年に完成させた最先端テクノロジーです。
スイスの伝統産業である時計製造を受け継ぐため創業したレイモンド・ウェイルのCEO、エリー・ベルンハイムは「伝統を受け継ぐことは、新しく生み出すこと」という考えを持っており、フランスの伝統色を新たな技術で表現するSTSに共感し、2018年にアントラシートカラーのムーブメントを搭載した「フリーランサー」のスケルトンモデルを発表。今回のバージョンアップモデルは、2代目となります。
高い可鍛性と密着性で、色むらなく均一に塗装ができるNAC仕上げを、ムーブメントの地板と受け、ローターに施し、深く艶のある漆塗りのような美しさを演出。それぞれのパーツをスケルトン化し、地板と受けはペルラージュ装飾を、ローターはヘアライン加工を組み合わせ、スイス時計製造の伝統と革新を表現しました。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_3.jpg
【伝統色を用いて表現する、モダン&スポーティーな都会的デザイン】

既成概念に囚われず自らで運命を切り開く男性を表現するレイモンド・ウェイルのフラッグシップコレクション「フリーランサー」は、伝統をモダンに再解釈したデザインを特長としています。
アントラシートカラーのムーブメントを基調とし、ブラックPVD加工を施したステンレススティールケースや、スモークサファイアクリスタルを用いたシースルーケースバック、グレーステッチを採用したブラックラバーストラップを組み合わせるなど、ブラック×グレーのワントーンでまとめ、洗練された雰囲気に仕上げました。既存モデルに採用されているインデックスを取り払い、美しくカラーリングされたムーブメントが眺めやすくなるようバージョンアップしています。また、アラビア数字とバーを組み合わせて表示したフランジのミニッツマーカーと、パンチング加工のラバーストラップで、エネルギッシュでスポーティーなアクセントを加えています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_4.jpg
スモークサファイアクリスタルを用いたシースルーケースバック

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_5.jpg
【インハウスムーブメント“RW1212”を搭載】

本モデルに搭載しているムーブメントは、レイモンド・ウェイルの開発チームがムーブメント・メーカーのセリタ社の協力を得て、18ヶ月の歳月を費やし2017年に完成しました。通常12時位置にあるバランスホイールを、真逆の6時位置に配しています。機械式時計の精密で美しい動きが文字盤側から眺められるよう、パーツ設計や重さを繰り返し調整し、スケルトン化しました。キャリバー名の「RW1212」とは、レイモンド・ウェイル本社所在地ジュネーブ州グラン・ランシーの郵便番号に由来します。この開発は、高度な技術に支えられたスイスが世界に誇る伝統的な時計づくりが40年以上続いていることの証です。誠実な時計造りを信念に持つ、レイモンド・ウェイルのフラッグシップコレクションにふさわしいムーブメントです。


◆商品仕様

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_6.jpg
FREELANCER 2785-BKR-20000

368,500円(税込) 発売中
自動巻き、レイモンド・ウェイル専用キャリバー RW1212/約38時間パワーリザーブ/防水100m/ステンレススティールケース(ブラックPVD)/スケルトナイズしたブラックガルバニックダイアル/ケース径42mm/グレーステッチを施したパンチング加工のラバーストラップ

https://raymond-weil.jp/watch/mens/freelancer/2785-BKR-20000.html

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/243830/LL_img_243830_7.jpg
ABOUT RAYMOND WEIL

◆レイモンド・ウェイルとは
時計職人レイモンド・ウェイルが、1976年にスイス・ジュネーブで創業した独立系時計ブランド。クオーツ式時計の台頭で危機に陥るスイスの伝統的な機械式時計産業を守るため、逆境の中あえて新しい時計ブランドを作り出したことからスタートしました。時計造りの核となっているのは、パーツ一つひとつに求めるクオリティ。針一本にも妥協せず、最高品質を追い求めます。選び抜かれたパーツを熟練の職人が丁寧に組み立て完成するプロダクトは、実直にものづくりに向き合うレイモンド・ウェイルの姿勢を表しています。現在も、創業者一族による経営を持続。長い歴史をもつスイス時計産業では珍しく、これにより揺るぎないアイデンティティを確立しています。
http://raymond-weil.jp/


【製品に関するお問い合わせ】
株式会社GMインターナショナル
TEL:03-5828-9080


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。