配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/7ARgp4rdSrI9GJqbgW3U.jpg


タイトル


環境省:温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)シリーズの
国際貢献に向けた適切な運用と適正な処分について
~宇宙空間の継続的安定利用への課題、スペースデブリ問題の現状を踏まえて~


講義概要


環境省が2009年から行っているGOSATシリーズによる地球の温室効果ガス濃度の観測は、パリ協定による各国の排出量報告の透明性向上に期待されている。
3号機は2023年度に打上げ2030年までの7年間の観測を計画しているが、近年のスペースデブリの増加は宇宙空間を継続的に安定利用する上で大きな懸念事項となっている。
これらGOSATシリーズ衛星がスペースデブリとして宇宙空間を滞留することがないよう、環境省では適切な運用と適正な処分に向けた取り組みを開始した。


講義項目


1.温室効果ガス全球観測構想
  (1)温室効果ガス濃度の現状
  (2)地球全体の濃度と排出量の把握
2.温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)シリーズ
  (1)我が国の宇宙政策
  (2)宇宙からの温室効果ガス濃度計測
  (3)世界の人為起源排出量推計
  (4)GOSATシリーズによる国際貢献
3.GOSATシリーズの適切な運用と適正な処分
  (1)宇宙空間の継続利用への課題
  (2)スペースデブリ問題の現状と脅威
  (3)スペースデブリ対策
  (4)GOSAT1号機の適切な運用と処分
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。


講  師


環境省
地球環境局総務課 脱炭素化イノベーション研究調査室
室長補佐
磯野 賀瑞夫 氏


会  場


JPIカンファレンススクエア
東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL:03-5793-9761
FAX:03-5793-9766
https://www.jpi.co.jp/access


地図 : https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E5%8D%97%E9%BA%BB%E5%B8%835-2-32+%E8%88%88%E5%92%8C%E5%BA%83%E5%B0%BE%E3%83%93%E3%83%AB


参加費


▶民間参加費1名: 33,330円 (資料代・消費税込)
 【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)


ライブ配信について


ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時「ご連絡・ご質問欄」にご記入をお願いいたします。
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
   開催日の2営業日前にお送り致します。開催日時にZoomミーティングへ
   ご参加ください。
<3>当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
   受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、
   ご遠慮なくお申し付けください。
※ご希望の方には事前の受講接続テストをさせていただいております。


【お問合せ】


画像 : https://newscast.jp/attachments/5omPzBYOl6dg0Ng7HdIO.gif


JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  https://www.jpi.co.jp


【株式会社JPI(日本計画研究所)】


“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ctZnOSfN2AR1U725Qdbt.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。