配信元:@Press

「長崎角煮まんじゅう」の岩崎本舗(株式会社岩崎食品、本社:長崎県西彼杵郡、代表取締役:岩崎 礼司 イワサキ ヒロシ)は、2021年2月7日(日)までの期間で『角煮まんじゅう5個入り2袋購入すると、訳あり角煮まんじゅうが5個がついてくる』キャンペーンを開始いたしました。
※電話・オンラインショップは2月7日(日)まで
※楽天市場店は1月24日(日)20:00~1月28日(木)1:59まで

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244340/LL_img_244340_1.jpg
5個入り2袋で5個ついてくる


■キャンペーン開始の背景
新型コロナウイルスの影響を受け、1月16日(土)より2月7日(日)までの期間、長崎県独自の緊急事態宣言が発令されました。

長崎県のみならず日本全国で在宅勤務や外出の自粛などによりストレスの溜まる毎日をお過ごしの方がいらっしゃると思います。

岩崎本舗の店舗も時短営業となり、試食販売も自粛。
昨年の緊急事態宣言時同様、多くの在庫を抱えることとなってしまいました。

せっかく心を込めて生産した自慢の角煮まんじゅうです。

このまま無駄にしてしまうのは本当に心苦しい…、そこで!

まだ食べたことのない方にこの機会に角煮まんじゅうの味を知ってほしい!
さらに、いつも買ってくださる方へお礼の気持ちを届け、自炊疲れを癒してあげたい!
そして、すべての皆さまに角煮まんじゅうを食べて、おうち時間を豊かにしてほしい!

との想いで、この企画を行うことにいたしました。
今回お付けする「訳あり」は、生地にタレが付いていたり、少々形が悪いもので販売用の角煮まんじゅうと味は変わりません。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244340/LL_img_244340_2.jpg
訳あり角煮まんじゅう


ご自宅用に、離れて暮らすご家族にも、お腹も心も満たしてほしい気持ちを、角煮まんじゅうと一緒にお届けしませんか?
角煮まんじゅうを食べて、笑顔で過ごす時間が少しでも増えることを願っております。


■キャンペーン概要
【対象】
お電話・オンラインショップ・楽天市場店にて、対象商品<商品番号:10p5>をご注文いただいた方。

フリーダイヤル : 0120-65-0806
岩崎本舗 オンラインショップ: https://0806.jp/
岩崎本舗楽天市場店 : https://item.rakuten.co.jp/iwasakihonpo/10p5/
※岩崎本舗のホームページとは期間が異なりますのでご注意ください

【期間】
◇お電話・岩崎本舗 オンラインショップ
2021年2月7日(日)23:59まで

◇岩崎本舗楽天市場店
2021年1月24日(日)20:00~1月28日(木)1:59


●その他キャンペーンとの併用は不可
●訳あり商品には「訳あり」の札が付きますのでご了承くださいませ
●【商品番号:10p5】が対象商品となります
●別途送料がかかります


■長崎角煮まんじゅうとは
<第28回(1997年)長崎県特産品新作展 最優秀賞受賞>
長崎独特の宴会料理「卓袱(しっぽく)料理」のフルコースのなかの一品、東坡肉(とんぽうろう)を「もっと手軽に」「よりおいしく」と願い、当店 初代・岩崎 博孝が豚バラ肉をじっくり煮込んだ角煮をふわっとした生地にはさみ込み誕生させました。豚バラ肉には、世界を駆け回り数年かけて探し出した「チリ産 アンデス高原豚」を使用。岩崎本舗専用の醤油や小麦粉を使い、機械に頼らずできる限り人の手で作り上げています。調味料(アミノ酸等)を使用せず、独自の味を追求しております。2019年1月に「ながさき手みやげ大賞」を受賞。
http://0806.jp/kakuni.html


【会社概要】
社名 : 株式会社岩崎食品(屋号:岩崎本舗)
所在地 : 長崎県西彼杵郡長与町斉藤郷1006番地13
代表者 : 代表取締役 岩崎 礼司(イワサキ ヒロシ)
創業 : 1965年(昭和40年)4月
資本金 : 5,000千円
業務内容: 角煮まんじゅうを含む商品の製造・販売
URL : https://0806.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。