配信元:@Press


全国無料放送のBS12 トゥエルビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:須磨直樹)は、中国ドラマ「独孤皇后~乱世に咲く花~」を3月22日(月)夕方6時から放送します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/Gc5MKCe72xoeoAffwxKQ.jpg
© china Huace Film & TV Co., Ltd.


1.番組概要


ただ、あなただけを――隋の初代皇后・独孤伽羅と開国皇帝・楊堅が描く、夫婦の一生と愛の物語


大ヒット中国ドラマ「賢后 衛子夫」の 制作チームによる本格宮廷時代劇!唐代繁栄の礎を築いたとされる隋を開国した楊堅と、夫に側妃を持たせなかった古代中国史上ただ一人の皇后・独孤伽羅の生涯を大河ドラマのように忠実に描く。ヒロインの独孤伽羅を「ハートに命中100%」で主演を務めた演技派女優ジョー・チェン、楊堅を「月に咲く花の如く」などのヒット作で多くの視聴者を虜にしてきた大人気スター、チェン・シャオが演じる。
■画像クレジット:© china Huace Film & TV Co., Ltd.


中国ドラマ「独孤皇后~乱世に咲く花~」 | 中国ドラマ | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ) : https://www.twellv.co.jp/program/china/dokkokougou/


2.あらすじ


乱世が続く南北朝時代・北周の初期、国政を統括する大冢宰(ちょうさい)の宇文護(うぶんご)は、従弟の宇文毓(うぶんいく)を傀儡(かいらい)として皇帝に擁立し、政権を掌握。逆らう者を粛正していた。反対勢力である衛国公の独孤信(どっこしん)は、宇文護に対抗する力を得るため、娘の独孤伽羅(どっこから)を隨国公の長男・楊堅(ようけん)に嫁がせようとする。好きでもない相手との結婚に反抗する伽羅であったが、いざ楊堅に会うと、彼は先日偶然にも共に人助けをした相手だった。互いの正体を知らぬまま好意を抱き合っていた二人は、その相手が許婚だと知り、運命を感じる。そんな中、宇文護は独孤信を排除しようと謀略を仕掛ける。家族が迫害に遭った伽羅は復讐を決意し、楊堅はそんな彼女を守り抜き…。
のちに隋の開国皇帝となる楊堅と、中国史上初めて一夫一婦制を貫いた独孤皇后が織りなす、最も一途で美しい恋愛絵巻――。


画像 : https://newscast.jp/attachments/qXTRdKHgQoRSufQw5Kgn.jpg
© china Huace Film & TV Co., Ltd.


画像 : https://newscast.jp/attachments/hA5MjfgKBm0Yc9ZugMu3.jpg
© china Huace Film & TV Co., Ltd.


画像 : https://newscast.jp/attachments/6PPPlSzENxroRpi8Ljq4.jpg
© china Huace Film & TV Co., Ltd.


画像 : https://newscast.jp/attachments/fyUVr0BwW6EWytBLrsQu.jpg
© china Huace Film & TV Co., Ltd.


3. 放送スケジュール


3月22日(月)スタート


毎週月~金曜日、 夕方6時00分~7時00分 (全50話/中国語・日本語字幕)


4.キャスト


ジョー・チェン 「記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~」「シンデレラの法則」「ハートに命中100%」
チェン・シャオ 「月に咲く花の如く」「雲中歌~愛を奏でる~」「神雕侠侶~天翔ける愛~」
ジァン・カイ 「東宮~永遠の記憶に眠る愛~」「永遠の桃花~三生三世~」
チエン・ヨンチェン 「名家の妻たち」「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」


5.スタッフ


監督:チャン・シャオジョン 「謀りの後宮」
   ディン・インジョウ
   チャン・ズーチアン
脚本:ヤン・ジー




■BS12 トゥエルビについて■


三井物産(株)100%出資の24時間全国無料のBS放送局です。スポーツ中継や大人の趣味教養など、上質なエンターテインメント番組を総合編成でお送りしています。視聴方法は、BS+12ボタン、または3桁番号222チャンネルです。


BS12 | BS無料放送ならBS12 トゥエルビ : https://www.twellv.co.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。