配信元:共同通信PRワイヤー

2021年1月25日

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社


「BELS評価認証」取得に関するお知らせ (神戸みなと倉庫・MCUD座間)


ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社が資産運用業務を受託している「DREAMプライベートリート投資法人(以下、DPR)」保有の神戸みなと倉庫・MCUD座間が、建築物省エネルギー性能表示制度(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System、以下「BELS」といいます。)において、5段階のうちの最高位である5つ星の評価認証を2020年11月16日付で取得しましたので、お知らせいたします。

 

1.BELS評価認証取得の経緯

DPRでは、保有物件に対し、環境・省エネルギー対策やエネルギー利用の効率化に取り組み、環境への配慮と環境負荷低減によって生じる環境価値の向上に努めております。

この取り組みに対する外部評価取得の一環として、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認証する制度であるBELSの評価認証を取得いたしました。

 

2.BELSの概要

BELS とは、2016年4月に施行された建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)により不動産事業者等に表示するよう努めることが求められている建築物について、省エネルギー性能を評価し認証する公的制度の一つです。新築建物・既存建物に関わらず様々な尺度を基に第三者機関が省エネルギー性能の評価を行うものであり、その評価は、5段階(★~★★★★★)の省エネルギー性能ラベリングで表示されます。

なお、BELSの詳細については以下をご参照ください。

一般社団法人住宅性能評価・表示協会のウェブサイト: www.hyoukakyoukai.or.jp/bels/bels.html

 

3.BELS評価認証取得物件

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104168/202101250155/_prw_OT1fl_1d904Es0.png

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104168/202101250155/_prw_OT2fl_x6GJuV89.png

 

              

4.今後の取組みについて

DPR及びダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社は、今後も「人と組織」、「地球環境と社会」に配慮した「不動産運用事業」の推進を目指す「サステナビリティ経営」を実践して参ります。

 

【ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社概要】

本社: 東京都千代田区平河町2丁目16番1号

事業内容: 不動産私募ファンドの組成・運用及びアドバイザリー業務・コンサルティング業務

株主構成: 三菱商事株式会社(100%)

代表者: 代表取締役社長 中元 克美

設立: 2004年

従業員数: 89人 (2020年9月末時点)

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104168/202101250155/_prw_OT3fl_eEAsgWHu.png

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。