配信元:@Press


人気和菓子ランキングで常に上位!幅広い世代に好まれる『いちご大福』
株式会社亀屋万年堂(東京都目黒区)は、ブランドいちご「紅ほっぺ」を使用した『いちご大福』(1個324円(税込)・2月木金土曜日隔週(計12日間)・数量限定)を2021年2月4日(木)より直販店舗(東京・神奈川29店舗)にて販売いたします。
亀屋万年堂の『いちご大福』は静岡県産の「紅ほっぺ」を自家製のなめらかなこしあんとやわらかな餅生地で一粒まるごと包み込んでいます。保存料を使用せず、作ったその日にお客様のもとへお届けいたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/nWoEdjS4VfU7u7AFrqga.gif
12日間だけ!亀屋万年堂の『いちご大福』


完熟で甘酸っぱい!ブランドいちご「紅ほっぺ」を使用


画像 : https://newscast.jp/attachments/7jqPjTqeY0lh1WRAlH4j.jpg
つやのある鮮やかな「紅ほっぺ」


静岡県で生まれたブランドいちご「紅ほっぺ」は、果実がやや大きめの長円錐形でつやのある鮮やかな紅色をしています。
香りにも優れ、甘みが強く酸味とのバランスも良いことから、いちご本来の甘酸っぱさを堪能できる品種です。


この「紅ほっぺ」ならではの、いちご本来のしっかりとした味わいが、なめらかな口当たりの“自家製こしあん”と、いちご大福に合わせて仕上げた“やわらかな餅生地”と合わさることで、至福の味わいになります。


昨年は完売御礼の毎日!亀屋万年堂直販店舗にてご予約も承ります。


亀屋万年堂直販店舗では事前のご予約も承ります。
昨年はすべての販売日で完売するほどで、大変ご好評いただきました。
おひとつからでもご予約可能ですのでお近くの亀屋万年堂直販店舗でご予約ください。



Instagram投稿 :
https://www.instagram.com/p/CKD73HagyEu/


和菓子屋として、朝作り当日賞味へのこだわり


株式会社亀屋万年堂がこだわり続けているのが、保存料を使用しない和菓子作り。
いちごやこしあん、お餅の一体感を楽しんでいただくために一粒まるごと包み込む製法で仕上げていますが、この製法はいちごから水分が出やすく、劣化が早いことが難点と言えます。
そこで亀屋万年堂では、販売日当日の朝、外が暗いうちから職人がその日の販売分のみ製造し、各店舗へ納品を行っています。保存料を使用しない分、商品の安定性など苦労は尽きませんが、安心・安全な美味しさを求めて亀屋万年堂の挑戦は続きます。


おうちでほっと一息つくそんな時間に、一口頬張ればしあわせが広がる、亀屋万年堂の『いちご大福』を是非ご賞味ください。


商品情報


【商品名】いちご大福
【販売期間】2月木金土曜日隔週 ( 4・5・6日、11・12・13日、18・19・20日、25・26・27日 )
【販売価格】1個 324円(税込)
【販売店舗】亀屋万年堂 直販限定29店舗
※商品の性質上オンラインショップでは販売しておりません。
※数量限定の商品です。売り切れの場合はご容赦ください。


直販店舗|東京都:目黒区|店舗紹介|東京・自由が丘発祥の老舗和菓子店:亀屋万年堂 : https://www.navona.co.jp/store/


会社概要


【会社名】株式会社亀屋万年堂
【本社】東京都目黒区自由が丘1-15-12
昭和13年に東京・自由が丘の地にて創業して以来、お客様に親しまれるお菓子作りを理念に、地域の皆様と共に歩んで参りました。 代表銘菓お菓子のホームラン王「ナボナ」は昭和38年の販売以来のロングセラー商品です。


亀屋万年堂 | 東京・自由が丘発祥の老舗和菓子、お菓子店 : https://www.navona.co.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。