配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 87758 (0198)

【テルアビブ(イスラエル)2021年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】イスラエルのLiDAR企業Innoviz Technologies(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3046944-1&h=3376362001&u=https%3A%2F%2Finnoviz.tech%2F&a=Innoviz+Technologies )は、同社の主力製品であるInnovizOneを、初めて日本で販売するため、日本の大手販売企業でグローバルな技術ソリューションを提供する株式会社マクニカ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3046944-1&h=3550545383&u=https%3A%2F%2Fwww.macnica.com%2Fglobal%2Fabout%2Fcompany&a=Macnica )と提携した。Innovizは「ユニット81」として知られるイスラエル国防軍のエリート技術部門の元将校らが創設し、このほどSPACを介して米テキサス州を拠点とする市場価格14億ドルのCollective Growth Corporation(Nasdaq:CGRO)と合併し、株式を公開する方針を発表した。InnovizOneは完全電動iX自動運転車プログラム向けとしてBMWに採用されている。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1426295/InnovizOne_Innoviz_Technologies.jpg

マクニカは先月、InnovizOneを日本市場で販売する意図を発表した。それ以来、Innovizのソリッドステート3D MEMSベース長距離LiDARに購入注文が殺到している。同製品は、成熟する市場と、Innovizおよびティア1企業のマグナ、顧客であるBMWとの長年にわたる非常に緊密な関係によって、高性能LiDAR市場をリードしている。

マクニカの佐藤篤志・イノベーション戦略事業本部長は「イスラエルのInnovizの研究開発センターにおける詳細な技術トレーニングを手始めに、Innovizと提携して約3年になる。Innovizの最初の製品であるInnovizProの販売は以前から好調を続けている。マクニカが2020年1月に東京で開催されたオートモーティブワールドのブースで初めて展示したInnovizOneは最高の技術と仕様を備えており、市場で最も成熟したLiDARとしてすでに認められていた。InnovizOneは自動車グレードの部品のみを使用しており、まもなく自動車グレードのLiDARとしての認証が得られる予定だ。市場でのこうした評価はマクニカがInnovizOneの迅速な販売を達成するのに役立っており、この製品がすでに浸透している市場だけでなく、多くの新しい市場でも販売を急激に拡大させるためにわれわれは全力を尽くす考えだ」と述べた。

これまでマクニカからInnovizOneを購入した顧客には、自動車やトラックのシリーズ生産プログラムにつながる高度開発プログラムでの使用を目的とする日本の自動車メーカーやそれらのティア1パートナー、さらに、建設から宇宙旅行まで多様な分野の多くの大手産業企業が含まれている。

Innovizのアジア担当副社長であるDavid Oberman氏は「Innovizでは、建設、産業オートメーション、セキュリティー、鉄道、海洋、農業、ロボット工学、風力タービン、ドローン、採鉱、マッピング、スマートシティーアプリケーションなどに限らず多くの分野で、当社のLiDARセンサーの新しいユースケースとアプリケーションについて常に顧客から学んでいる。私は日本市場の顧客がさまざまなアプリケーション向けのプロジェクトで当社のLiDARを使用することにわくわくしており、マクニカとの協力関係が今後も発展し、多様化することを楽しみにしている」とコメントした。

▽Innoviz Technologiesについて
Innovizは、自動運転車の大量生産を可能にする高性能ソリッドステートLiDARセンサーとパーセプションソフトウエアの大手メーカーだ。Innovizの製品には、自動車グレードの大量生産可能なLiDARセンサーであるInnovizOne、次世代の高性能自動車グレードLiDARセンサーであるInnovizTwo、先進AIと機械学習ベースによる分類、探知、追跡機能によってハードウエア製品を補完するように設計されたInnovizのパーセプションソフトウエアが含まれる。Innovizは、SoftBank Ventures Asia、サムスン、Magna International(マグナ)、Aptiv、Magma Venture Partners、Vertex Ventures、China Merchants Capital (SINO-BLR Industrial Investment Fund, L.P.)、360 Capital Partners、Glory Ventures、Naver、Shenzhen Capital Group、New Alliance Capital、Harel Insurance Investments and Financial Services、Phoenix Insurance Companyなど一流の戦略パートナー、投資家に支えられている。詳細な情報については、www.innoviz.tech を参照。

▽問い合わせ先
Innoviz Technologies
Media@innoviz-tech.com
Investors@innoviz-tech.com

マクニカ
macpr@macnica.co.jp
https://www.macnica.co.jp

ソース:Innoviz Technologies

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。