配信元:@Press

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する六甲山カンツリーハウスは、六甲山フィールド・アスレチック及びフォレストアドベンチャー・神戸六甲山と統合し、1つの新たなアスレチック施設「六甲山アスレチックパーク GREENIA(グリーニア)」として2021年4月3日(土)にオープンします。グリーニアは「山、空、水辺。すべてが舞台の冒険王国。」をキャッチコピーに、合計164ポイントのアスレチックが楽しめる日本最大級のアスレチック施設です。ぜひご期待ください。
この度、グリーニアのロゴやキャラクター、アスレチックの内容、料金等の施設詳細が決定しましたので、施設HPを本日16:00に公開いたします。なお、新設する80ポイントのアスレチックは人気動画クリエイター「フィッシャーズ」が監修いたします。

<初公開!新施設マップ>※施設マップは制作中のものになります。予告なく内容変更の可能性がございます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_1.jpg

<六甲山アスレチックパークGREENIAロゴ・ストーリー>
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_2.jpg
「山、空、水辺。すべてが舞台の冒険王国。」
グリーニアは、国王マウントキングが築いた山遊びの王国。
かつてない広大な国土には6人の大臣によって生み出された6つのアスレチックエリアが広がる。この国では冒険にチャレンジするみんなが主人公。ワクワクとドキドキに満ちたすべてのエリアを駆け回れ!

■ロゴデザインのポイント
各アスレチックエリアを司るグリーニア王国の大臣達を集めたシンボルマークで“楽しさ”や“絆”を表現しました。
王冠や山、六角形など、六甲山を連想するアイテムを配置し、アスレチックの組み木や、物語を感じさせるロゴタイプをあしらった、王国らしいエンブレム風のデザインとなっております。

<施設公式キャラクター>
6人の大臣たちと国王マウントキングは冒険の案内とサポートをするメッセンジャーとして活躍します。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_3.jpg

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_4.jpg

■ロゴ・キャラクター制作者からのコメント
80年以上の歴史あるこの場所がグリーニア王国として生まれ変わります。世界観のデザインとキャラクターに命を吹き込みました。これからも多くの方の思い出深い場所になっていくことを楽しみにしております。
[ロゴ・キャラクターデザイン]:大垣ガク(アシタノシカク株式会社)

<アスレチック詳細>〈新設エリア 合計82ポイント〉
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_5.jpg
ワンダーアメンボーは「フィッシャーズ」が監修した30ポイントのスリル溢れる水上アスレチック。水に落ちずにゴールできるか?落ちても安心、シャワー室完備。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_6.jpg

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_7.jpg
ヤッホイは「フィッシャーズ」が監修した30ポイントの陸上アスレチック。走って、登って、掴んで、跳んで、投げて、蹴って。バラエティ豊かなアスレチックが楽しめる。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_8.jpg

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_9.jpg
デカイリキは「フィッシャーズ」が監修した全20ポイントの難易度激ムズ筋力系アスレチック。完全制覇する者は現れるか?


画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_10.jpg

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_11.jpg
全長200mを超えるロングジップスライドを往復で2回飛ぶことができる空中アスレチック。
スリルと爽快感を味わいたい方にオススメ。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_12.jpg

〈既設エリア 合計82ポイント〉
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_13.jpg
ワンダーヤマンボーは自然豊かな森の中に設置された40ポイントのフィールドアスレチック。
1周約1時間半のコースは大人も子どもも大満足。
※旧六甲山フィールド・アスレチック
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_14.jpg

画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_15.jpg
メチャフォレストは安全器具を装着し、樹上最大15mの高さで遊ぶ非日常体験が魅力。ジップスライドやロープ、丸太を駆使し、37ポイントの空中アスレチックが楽しめる。
画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_16.jpg

画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_17.jpg
親子で楽しめる六甲山の外遊び。ペダルボートやトランポリンなど、体力や年齢を問わず誰でも楽しく身体を動かせる5つのアクティビティをご用意。
※旧六甲山カンツリーハウス ゴーカート・ペダルボート・トランポリン・わんぱくスキー・パターゴルフ
画像18: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_18.jpg

<施設概要>
■施設名称 六甲山アスレチックパーク GREENIA(ろっこうさんあすれちっくぱーく ぐりーにあ)
■面積 約230,000平方メートル(甲子園球場約6個分)
■所在地 〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
■営業期間 2021年4月3日(土)~11月23日(火・祝)
※冬季は六甲山スノーパークとして営業。翌年は2022年3月19日(土)よりオープン予定
■営業時間 10:00~17:00(16:30最終受付)
■休園日 木曜日
(ただし、4月29日(木・祝)、7月22日(木・祝)~8月26日(木)の木曜日、9月23日(木・祝)は営業)
■駐車台数 700台
■料金(税込)
画像19: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_19.jpg

<六甲山アスレチックパークGREENIA 公式HP>
画像20: https://www.atpress.ne.jp/releases/244740/img_244740_20.jpg

<グリーニア 公式HP 順次情報公開予定!>
「六甲山 グリーニア」で検索
https://www.rokkosan.com/greenia/

※新型コロナウィルス感染症対策のため、営業内容は変更となる場合があります。最新情報は公式HPにてご確認いただきますようお願い申し上げます。


六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/aff3391f9b6b74095112a7b73f5bc197e23fed80.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。