配信元:@Press

NEXCO中日本(本社・名古屋市中区、代表取締役社長CEO・宮池 克人(みやいけ よしひと))は、「i-MOVEMENT」(アイ・ムーブメント)の実現に向けて、「点群データを活用して建築工事の出来形管理を高度化する可能性」の実証について、2月から開始することになりましたので、お知らせいたします。
この技術実証は、コンソーシアム方式によりオープンイノベーションを推進する組織として「イノベーション交流会」を2019年7月に設立し、現在までに103の企業・団体の会員からの提案内容の実現性などを検討してきたもので、引き続き、実証メニューの創出、業務への導入の可能性などを検討し、実用化を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244904/LL_img_244904_1.png
ロゴ

■テーマ:高速道路のインフラマネジメント

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244904/LL_img_244904_2.png
インフラマネジメント

※実証内容の詳細は、各社との秘密保持契約に基づき、公開できない場合があります。


■テーマ:高速道路のインフラマネジメント

<実証内容>
関連する専門工種が多い建築工事施工中の出来形管理を高度化するために、施工段階で定期的に3次元計測などをおこない、BIMデータと連携して管理する手法を用いることで、より効率的かつ計測範囲の広範な出来形管理が可能であるかを実証する。併せて、建物の維持管理を効率化するために、維持管理用プラットホームを構築してBIM、点群、各種台帳などを統合することによる活用の可能性を実証する。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244904/LL_img_244904_3.png
点群データ活用による出来形管理の高度化

実証結果を踏まえて業務への導入の可能性を検証し、導入が可能な場合は速やかに技術開発を進めてまいります。


【参考:イノベーション交流会への応募方法について】
交流会の目的、会則※にご賛同いただいた入会希望者は、「イノベーション交流会 入会申込書」※に記載のうえ、お申し込みください。
※「会則」、「イノベーション交流会 入会申込書」は、当社公式WEBサイト( https://www.c-nexco.co.jp )に掲出しています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/244904/LL_img_244904_4.png
2020年度 対象テーマ

■アイ・ムーブメントとは

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/244904/LL_img_244904_5.png
アイ・ムーブメントとは
「i-MOVEMENT」公式WEBサイト
https://www.c-nexco.co.jp/corporate/operation/maintenance/i-movement/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。