配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101270255-O1-g0jVx27V

 
AsiaNet 87776 (0206)

【深セン(中国)2021年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*MG400は、消費者レベルの利用しやすさと手頃な価格で中小企業の生産性向上に役立つ

世界をリードするインテリジェント・ロボットアーム・ソリューションのプロバイダーDOBOTは、自動化と人間・ロボットの協働作業用の軽量デスクトップロボットDOBOT MG400(https://www.dobot.cc/products/mg400-overview.html )を発表した。MG400は現在、Kickstarter(https://www.kickstarter.com/projects/dobot/dobot-mg400-lightweight-desktop-collaborative-robot?ref=f3mlaf )で予約注文できる。DOBOTは最近、シリーズC資金調達で3億2000万元(約5000万ドル)を調達した。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1426960/image.jpg

DOBOTは、一般的な産業用ロボットの3分の1のコストで、あらゆる産業へのロボット作業の普及を目指している。MG400は、荷役、分配、検査、試験などのタスクを実行することで、様々な製造プロセスとシームレスに一体化する。MG400はバイオメディカルや化学の実験施設での液体処理、検体処理にも優れている。さらに、大学での自動化やロボット工学研究を大きく促す。

DOBOTのJerry Liu創業者兼最高経営責任者(CEO)は「MG400は、コンパクトさ、費用対効果、時短を優先する当社の哲学を継承している。軽量かつ柔軟性を持たせ、様々な業種の企業が既存のプロセスやワークフローを自動化しやすくした。当社の究極の目標は、Appleがパソコンで行ったように、産業用ロボットを一般消費者向けのものにすることだ」と語った。

▽消費者レベルの使いやすさ
10分間で設置:ラップトップと同じ設置面積で、重さわずか8キロのMG400は、作業台に載せたり、既存のラインやセルと共同作業させたりするのに十分にコンパクト。

初心者にも専門家にも使えるマルチ制御:MG400は、教示と再現、グラフィカルブロックプログラム、およびLUAスクリプトを介したプログラムが可能。

教示が容易:ロボットに手を添えて動かし、特定の動き方を教えられる。

▽協働作業の安全性を確保
衝突検出アルゴリズム搭載のMG400は、12N未満の衝突力しきい値を実現した。MG400にセキュリティーフェンスは必要なく、障害物に触れると即座に停止する。

▽産業用レベルのパフォーマンス
高精度:人間の髪の毛と同じ太さの最大プラスマイナス0.05mmの再現性を保証
ペイロード:500g
関節最高速度:300度/秒
リーチ:440 mm

MG400 Kickstarterキャンペーンは次をクリック:https://www.kickstarter.com/projects/dobot/dobot-mg400-lightweight-desktop-collaborative-robot?ref=f3mlaf

メディアキットは次をクリック:https://drive.google.com/drive/folders/1v2Fh-3frpAaa-yZyaDudY2cW4KRhRecu

▽DOBOTについて
DOBOTは、世界をリードするインテリジェント・ロボットアーム・ソリューションのプロバイダーである。DOBOTは100カ国で4万台以上のロボットを販売し、製造、教育、ビジネス界の20万台を超えるロボットをつないでいる。DOBOTは機械式動力伝達、ロボット構造設計、動的制御アルゴリズム、低電圧DCモーター、サーボドライブの経験豊富で、国内外で130の知的財産権と72のソフトウエア著作権を保有する。

ソース:DOBOT

画像添付リンク:
リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=382949
写真説明:DOBOTのデスクトップ協働ロボットMG400がロボット作業の新たな可能性を開く

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。