配信元:@Press


2021年2月25日(木)から紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて舞台「知恵と希望と極悪キノコ」が上演される。初日を目前に控え、ゲネプロが報道陣に公開され、主演の富田翔をはじめとするキャスト陣が本番さながらの舞台を披露した。


画像 : https://newscast.jp/attachments/HXJBUGDrOe23sYlkhiHF.jpg


人情喜劇を得意とする大浜直樹が、自ら主宰する劇団LIVESで2度上演。2020年には、キャストを一新して上演。コロナ禍においても、コロナ禍だからこそ、観客の心を揺さぶり、笑って泣ける作品として話題となった。
物語は俳優生活最後の映画の撮影に臨もうとする売れない俳優が、戦闘員Aという端役を誠心誠意演じ切ろうと臨む。が、同じ戦闘員役として現場に集ったのは売れない俳優や俳優1年目のド素人。さらにメインどころの役にも、かつてアイドルとして一世を風靡したものの今は冴えない中年俳優がキャスティングされるなと、いずれも曲者ぞろい。それぞれの夢が交錯した時、現場に混乱が生じ、やがて騒動となっていく……。
映画製作の裏側を描く作品という事で、役者ならではの「芝居あるある」のほか、「製作陣あるある」も随所に盛り込まれていて、関係者からは頷きが劇場内に起こっていた。そんな中、戦闘員A役の富田は、穏やかで争いごとを好まない性格だが、この撮影に全力で臨もうとする静かな気迫を感じさせていた。その姿はある意味富田本人の芝居に対する姿勢をも感じさせるものだった。
今回、開幕を目前に、富田翔と十碧れいやからコメントが到着。


富田翔


「ご来場いただきありがとうございます。
人生には数々の「決断」をする瞬間があると思います。その中でひとつの大きな決断をした役者の人生を、今の自分だからこそ出来る、目一杯の表現で伝えられたらと思っています。
愛すべき登場人物それぞれの人生、このたった一日の中で想いが混ざり合い、成長していく姿を楽しんでいただけたら嬉しいです。
今、まさに見てほしい作品です。
最後まで全身全霊生き抜きますので、よろしくお願いします。」


画像 : https://newscast.jp/attachments/3AzNvc6qeNNZYxQ2rI8E.jpg


十碧れいや


画像 : https://newscast.jp/attachments/pFO4z4lWSBB5ZGBcpudN.jpg


「いよいよ初日の幕が開くのかと思うとドキドキしています。
生の舞台でしか伝わらないものがあると思いますので、この舞台を観劇してくださったお客様が「見に来て本当によかった!」そう思って下さる作品になるように精一杯全力で努めたいと思います!
皆様に笑顔をお届けしたい気持ちでいっぱいです!」


本作は緊急事態宣言延長を受け、上演時間が20時を超える3公演を中止にするなど、感染拡大防止の対策に最善を尽くし上演。2月28日(日)16:00からの千秋楽では生配信(+見逃し配信あり)があり、さらに視聴者限定の特典映像まで用意されている。
劇場で観るのももちろんのこと、劇場へ行かない選択をした方も楽しめる本作。お見逃しなく!!!
【あらすじ】
映画の撮影現場。
一人の売れない俳優が最後の撮影に臨もうとしていた。
未練が無いと言えば嘘だった。
だが、端役ながらもやり甲斐のある役を貰い、俳優人生の集大成として、
この日、与えられた役を精一杯、誠心誠意演じて、新しい人生に向かって踏み出すつもりだった。
役名は、『戦闘員A』。
だが、現場に集ったのは曲者ばかり。
かつてアイドルとして一世を風靡したものの今は冴えない中年俳優、
昼ドラでブレイクしたものの今は落ち目の中年女優、
そして、男の共演者である戦闘員BCDEは、全員バイト生活の売れない俳優。
戦闘員Fに至っては、定年退職後シニア俳優として活動し始めたというド素人。
誰もがその現場に掛けていた。
誰もがその映画に夢を見ていた。
それぞれの夢が交錯した時、現場に混乱が生じ、やがて騒動となり、男の俳優生活最後のささやかな夢を、徐々にぶち壊して行く。
果たして男は俳優として完全燃焼する事が出来るのか!


画像 : https://newscast.jp/attachments/TlWovPFMXaP16ZqmVZx6.jpg


【公演概要】
『知恵と希望と極悪キノコ』
作・演出:大浜直樹
2021年2月25日(木)~2月28日(日) @紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿)
【出演】
富田翔、十碧れいや、佐藤弘樹、山沖勇輝/古賀成美、末永みゆ、雑賀克郎、三浦ゆうすけ/
ちか、大滝紗緒里、石橋政人、小澤真悟、藤田健彦、江刺家伸雄、水城夢子、古澤光徳、増本尚、
日向みお、中条智世、赤山明日香、南波碧、下出宗次郎、岡澤由樹、鶴田未来 
【上演スケジュール】※23日、25日、26日の19時公演は中止となりました。
2月23日(火・祝) 19:00
2月24日(水)休演日
2月25日(木) 13:00/19:00
2月26日(金) 13:00/19:00
2月27日(土) 13:00/18:00
2月28日(日) 11:30/16:00
【劇場】
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館7F
【チケット】(全席指定・税込) 前売り券・当日券共通
S席9,500円 A席8,900円 B席6,900円
※チケットに関する詳細や注意事項は公式サイト(http://kinoko.mono-dukuri.com/)をご参照ください。
【チケット取扱い】
・チケットぴあhttps://w.pia.jp/t/chieto/
・イープラス https://eplus.jp/gokuakukinoko/
・ローソンチケット(Lコード:32185)https://l-tike.com/gokuakukinoko/
【千秋楽生配信について】
配信プラットフォーム:ZAIKO
イベントページ:https://mono-dukuri.zaiko.io/_item/334687
生配信日時:2/28(日)16:00の回
アクセス:60分前から可
※開演前、特典映像あり
※終演後、特典映像あり
アーカイブ:3/3(水)23:59まで
■チケット料金:4,900円→3,920円
※GoToイベント対象公演
※2月13日(土)12:00より発売開始
【舞台「知恵と希望と極悪キノコ」公式サイト】
http://kinoko.mono-dukuri.com/
【舞台「知恵と希望と極悪キノコ」公式Twitter】
https://twitter.com/chiekinoko 
【ものづくり計画 公式Twitter】https://twitter.com/monodukuri_plan
【お問い合わせ】
info@mono-dukuri.com


画像 : https://newscast.jp/attachments/mMT4X7Y6Fc8s7f6p7wgK.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/dIjjAou5ppLiCNJWsskk.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/bDC29nQglVdjclSIPIiF.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。