配信元:共同通信PRワイヤー

陸前高田復興支援報告会の開催

2021年3月1日
立教大学(学校法人立教学院)

立教大学(東京都豊島区、総長:郭洋春)は、公開報告会「立教大学・東日本大震災後の10年-『復興支援』の今後を考える」を、2021年3月5日(金)にオンラインにて開催します。
東日本大震災の発生から間もなく10年。本学では学生、教職員、卒業生が岩手県陸前高田市を中心に地域に寄り添った復興支援や交流、教育活動に取り組んでまいりました。2017年には陸前高田市の協力を得て、交流活動拠点「陸前高田グローバルキャンパス」を岩手大学と共同で開設。報告会では本学の10年間の活動を振り返り、今後の在り方について考える機会とします。

【開催概要】
*名 称:「立教大学・東日本震災後の10年―『復興支援』の今後を考える」
*内 容:1)全体報告
                      「『共に生きる』実践としての東日本大震災後の10年」
     2)事例発表
      *社会学部
       「出会いと信頼関係の積み重ねを軸とした正課・正課外交流活動」
      *チャプレン室
       「学生キリスト教団体による心に寄り添う活動」
               *コミュニティ福祉学部
       「7拠点で展開した10年間の伴走型交流支援活動」
      *グローバル教育センター
       「海外大学生、地域の方々と共に考えるプログラム」
*登壇者:東日本大震災及び災害対策・支援本部長、立教大学陸前高田サテライト長、
     コミュニティ福祉学部教授 松山 真、コミュニティ福祉学部教授 湯澤 直美
     社会学部教授 小倉 康嗣、兼任講師 田北 康成
     チャプレン 中川 英樹、宮﨑 光、グローバル教育センター特任准教授 髙井 明子
*日 時:2021年3月5日(金)18:00~20:00
*場 所:Zoomウェビナー(取材申込後、個別にご案内いたします)
*主 催:立教大学東日本大震災及び災害対策・支援本部、立教大学陸前高田サテライト
*共 催:陸前高田グローバルキャンパス
*後 援:陸前高田市、陸前高田市教育委員会

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。