配信元:DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「無人潜水艇(UUV)の世界市場:2025年に至るROV/AUV別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
無人潜水艇(UUV)の世界市場規模は2025年に44億ドルに達すると予測されます。2020年では20億ドルと見られ、2025年にかけて平均年成長率16.4%の高成長で推移するとレポートは予測しています。
レポートは無人潜水艇の世界市場について2025年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、タイプ別市場(ROV,AUV)、システム別市場(推進システム、衝突回避システム、ナビゲーションシステム、通信システム、センサ、ペイロード、シャーシ)、ROVタイプ別市場(小型機、高容量電気潜水機、軽作業クラス潜水艇、重作業クラス潜水艇)、推進システム別市場(電気システム、非電気システム)、用途別市場(商用各種、科学研究各種、防衛各種、その他各種)、形状別市場(魚雷、層流体、流線型長方形、多胴船)、潜水深度別市場(浅型AUV、中型AUV、大型AUV)、速度別市場(5ノット未満、5ノット超)および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(24社)、平均販売価格分析、バリューチェーン分析などの分析情報も加味し、無人潜水艇市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
無人潜水艇(UUV)の世界市場:2025年に至るROV/AUV別、用途別予測
Unmanned Underwater Vehicles (UUV) Market by Type (Remotely Operated Vehicle & Autonomous Underwater Vehicle), ROV & AUV Market by Application, Product, Propulsion System, System, and Region - Global Forecasts to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/22/Unmanned_Underwater_Vehicle_2025_MAM2266.html

【レポート構成概要】
◆無人潜水艇の世界市場予測2016-2025年
・市場規模(US$)

◆タイプ別、市場-2025年
・遠隔操作型無人探査機(ROV)
・自律型無人潜水機(AUV)
※(市場規模US$,機数Units)

<遠隔操作型無人探査機(ROV)市場>
◆システム別、市場-2025年
・推進システム
・衝突回避システム
・ナビゲーションシステム
・通信システム
・センサ
・ペイロード
・シャーシ
※(市場規模US$)

◆ROVタイプ別、市場-2025年
・小型機
・高容量電気潜水機
・軽作業クラス潜水艇
・重作業クラス潜水艇
※(市場規模US$)

◆推進システム別、市場-2025年
・電気システム
・非電気システム
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2025年
商用
・海洋掘削
・調査/海底マッピング
・パイプライン/ケーブル配線/検査
・通信
科学研究
・海底マッピング/イメージング
・海洋学研究
・環境モニタリング
・医薬品研究
防衛
・ISR(インテリジェンス/監視/偵察)
・機雷対策
・対潜水艦戦
・セキュリティ/検知/検査
・ナビゲーション/事故調査
その他
・捜索/救助
・海上救助/瓦礫撤去
・海洋考古学
※(市場規模US$)

<自律型無人潜水機(AUV)市場>
◆形状別、市場-2025年
・魚雷
・層流体
・流線型長方形
・多胴船
※(市場規模US$)

◆潜水深度別、市場-2025年
・浅型AUV(最大100 M)
・中型AUV(最大1,000 M)
・大型AUV(1,000 M超)
※(市場規模US$)

◆速度別、市場-2025年
・5ノット未満
・5ノット超
※(市場規模US$)

◆推進システム別、市場-2025年
・電気システム
・非電気システム
※(市場規模US$)

◆システム別、市場-2025年
・推進システム
・衝突回避システム
・ナビゲーションシステム
・通信システム
・センサ
・ペイロード
・シャーシ
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2025年
商用
・海洋掘削
・調査/海底マッピング
・パイプライン/ケーブル配線/検査
・通信
科学研究
・海底マッピング/イメージング
・海洋学研究
・環境モニタリング
・医薬品研究
防衛
・ISR(インテリジェンス/監視/偵察)
・機雷対策
・対潜水艦戦
・セキュリティ/検知/検査
・ナビゲーション/事故調査
その他
・捜索/救助
・海上救助/瓦礫撤去
・海洋考古学
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年 (ROV、AUV個別に掲載)
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・ロシア、ノルウェー
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・オーストラリア、インドネシア
・その他アジア太平洋
中東
・イスラエル、UAE、トルコ
・その他中東
中南米
・ブラジル、メキシコ
・その他中南米
アフリカ
・南アフリカ、ナイジェリア
・その他アフリカ
※国地域別に各種セグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・平均販売価格分析
・バリューチェーン分析
・エコシステム分析
・ファイブフォース分析
・事例研究
・COVID-19による影響
・競合状況

◆無人潜水艇の主要企業プロフィール動向
・LOCKHEED MARTIN CORPORATION
・SAAB AB
・KONGSBERG GRUPPEN
・THE BOEING COMPANY
・NORTHROP GRUMMAN CORPORATION
・BAE SYSTEMS PLC.
・ATLAS ELEKTRONIK GMBH
・INTERNATIONAL SUBMARINE ENGINEERING LTD.
・FUGRO N.V.
・TELEDYNE TECHNOLOGIES INC.
・OCEANEERING INTERNATIONAL, INC.
・SUBSEA S.A.
・BOSTON ENGINEERING CORPORATION
・LHARRIS OCEANSERVER
・ECA GROUP
・HYDROMEA
・GABRI SRL
・BALT ROBOTICS
・CELLULA RBOTICS

(その他企業)
・GRAAL TECH
・ORCA MARITIME
・PLANYS TECHNOLOGIES
・DEEP OCEAN ENGINEERING, INC.
・TECHNIPFMC PLC

(全362頁)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000232181&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/22/Unmanned_Underwater_Vehicle_2025_MAM2266.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年2月3日

★関連レポート
「自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:2025年に至るタイプ別、搭載システム別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Autonomous_Underwater_Vehicle_2025_MAM1967.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ


徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。