配信元:@Press

株式会社ハマノホテルズ(本社:札幌市南区定山渓、代表取締役社長:浜野 浩二)の「グランドブリッセンホテル定山渓」の開業日が2021年7月1日(木)に決定し、宿泊予約を3月10日(水)より開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_1.jpg
グランドブリッセンホテル定山渓(夏イメージ)

「グランドブリッセンホテル定山渓」は、定山渓温泉街を流れる豊平川沿い、山々を望む渓谷の高台にあり、ホテルを囲むゆとりの敷地と国道から続く豊かな樹花のアプローチ、そして館内どこにいても渓谷の四季彩を感じる癒し空間を演出します。
“渓谷の湯だまり 十人十色の花が咲く”をコンセプトに、人生100年時代、個々が豊かに過ごせる時空と温泉のチカラにより自然と笑顔咲く場所となることを願いお客様をお迎えいたします。


■グランドブリッセンホテル定山渓 ~温故知新
1954年先代が掘り当てた泉源と、未開の地を無謀と囁かれながらも開拓したこの場所、永く培ってきたホスピタリティ溢れる心、この歴史と伝統を受け継ぎながら、今の時代に求められる安らぎと快適なホテルステイを実現します。

ホテル全体を洗練された感性で潔くデザインすることで、現代的でありながら居心地の良さを追求し、ロビーでは大きな窓から見える渓谷の四季がお出迎えいたします。ホテル各所には、札幌軟石や有孔レンガ(江別レンガ)、道産マツ材など、“北海道らしさ”を醸し出す素材を使用しています。一方、フロントでは最先端の自動精算機と連動により、滞在をさらに快適にするITシステムをレストラン、客室、バー、その他各施設に導入しています。
また、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の技術を取り入れ、高温度の温泉熱源をロードヒーティング、融雪熱源、暖房熱源、給湯熱源として効果的に利用することで温室効果ガス排出抑制を実現します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_2.jpg
フロント・ロビー

●お電話&公式サイト ご宿泊プラン(料金一例)
宿泊期間: 2021年7月1日(木)~9月17日(金)
予約開始: 2021年3月10日(水)
料金一例: 1泊2食付・2名様1室 お一人様(いずれも消費税込み・入湯税150円別)
スタンダードツイン(25m2) <平日> 14,300~18,700円
展望ラグジュアリー(50m2) <平日> 30,800~35,200円
※休前日、お盆期間は別途料金
WEB予約 : https://www.grandblissen.jp (公式サイト)
電話予約: 0120-489-353(平日9:00~18:00)


■客室 5タイプ 全68室/渓谷ビュー
お部屋はスイート仕様50m2の広さを確保した展望温泉付のラグジュアリー・和洋室・ユニバーサルツイン・ツインの他、スタンダードツインの5タイプ全68室(全室禁煙)。
そのうち58室は展望温泉付きで、広がる眺望とともにいつでも新鮮な温泉をご満喫いただけます。全室大きな窓から渓谷が眺められ、最上の眠りを導くベット、独立した洗面台、トイレを完備。静寂性と居住性にこだわります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_3.jpg
客室(展望ラグジュアリー 50m2)

■天然温泉大浴場 森が迫りくる露天風呂
自家源泉が引かれた展望温泉付客室のほか、半世紀を越え先代が発見した泉源と景色を今も変わらず楽しめる大浴場にはパノラマ絵のような渓谷が広がる露天風呂がございます。この自慢の湯は、身体の深い部分まで温めてくれる保温効果が強く“熱の湯”とも呼ばれています。サウナ2種、あかすりルームなど疲れやストレスを癒す設備を完備。日帰り入浴も対応します。男性浴場へ続く通路には遊び心ある20m壁画も是非ご覧ください。
源泉名:浜野1号泉
泉質 :ナトリウム-塩化物泉(無色澄明 弱カン味、無臭)
効能 :神経、筋肉、関節痛、慢性消火器病、冷え性、疲労回復など
男女各/浴槽3(内風呂、外風呂、露天風呂)水風呂1 洗い場12ブース

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_4.jpg
大浴場[湯だまり]

■エステサロン
大浴場と直結したサロンには6つの個室と施術後の余韻にひたる渓谷を望むリラクゼーションスペースがございます。当ホテルのオリジナルエステメニューもご用意しており、日帰り入浴と併せてもご利用いただけます。女性心理に最大限より添う、特別で贅沢な時間をお楽しみください。カップルでご利用いただける個室もございます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_5.jpg
エステサロン

■樹木に囲まれる[森のレストラン]
渓谷が望めるカウンター席をはじめ、テーブル席・ボックス席・個室(4室)と、各シーンに対応するお席をご用意しております。北海道が誇る豊富な食材をシンプルかつ大胆に使用。オープンキッチンでは北海道の新鮮な食材が手際よく調理されていく様子を楽しむことができます。ご夕食はコンビネーションコーススタイルで、メイン料理はシェフがテーブルを廻ってサーブする、ここでしか召し上がっていただけない名物料理をご堪能いただきます。ゆっくりと大人の時間をお過ごしください。小さなお子様がいるファミリー向けにキッズスペースを完備したお席がございます。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_6.jpg
[森のレストラン]

■ライブラリー・茶室
自然、旅、歴史など300冊を超える蔵書が閲覧できるライブラリーやアイヌ文様をあしらった金の茶室に暖炉など、ゆったりと流れる時間とノスタルジーを感じていただけることでしょう。懐かしくも新しい、そんな空間をご提供します。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_7.jpg
ライブラリー・茶室

■カフェバー[ラベンダー]
レンガやトラバーチンでしつらえられた落ち着いた雰囲気。渓谷カウンターやボックス席がございます。窓の向こうに眺める夏の緑、秋の紅葉、美しい夜空と色鮮やかなカクテル、静かな音楽とともに大人の時間をお楽しみください。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_8.jpg
カフェバー[ラベンダー]

●温泉の歴史と継承
豊平川の上流、深い渓谷に包まれた定山渓温泉は、古くから「札幌の奥座敷」として親しまれています。その渓谷の高台に位置する「グランドブリッセンホテル定山渓」の泉源である「宝恵の泉」は、創業者が個人で掘りだした、良質の天然温泉です。3年の月日をかけて豊平川の川底の温泉源を探し、1954年(昭和29年)に岩盤の底より92℃の温泉の湧出を発見。当時奇跡的温泉源の発見と言われました。
「先代が生涯をかけて築き上げたホテルの伝統と志を受け継いだ、新しいホテルがオープンします。私たちが社会に対して何ができるのか、未来に何を残せるのかを考えた時に、“本物を受け継ぎ、後世に繋いでいくこと”というひとつの答えにたどり着きました。この想いを実現できるよう、社員一同先代の遺した志を胸に、邁進していく所存です」(代表取締役社長 浜野 浩二談)

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/248011/LL_img_248011_9.jpg
ホテル渓谷側(秋イメージ)

2021年7月1日(木)グランドオープン
<2021年3月10日ご予約開始>

●建築概要(予定)
ホテル名称 :【グランドブリッセンホテル定山渓】
所在地 :札幌市南区定山渓温泉東4丁目328
敷地面積 :約15,500m2(4,697坪)
アクセス :札幌中心部より車で約50分
じょうてつバス「定山渓車庫前」停下車 徒歩1分
主体構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上7階・地下1階
施設概要 :・客室(約25~50m2) 68室(うち展望温泉付き58室)
・レストラン 130席(うち個室4室)・キッズスペース
・天然温泉大浴場、露天風呂 サウナ(ミスト/スチーム)
あかすりルーム
・エステサロン 施術室6室(ベッド8)
・ライブラリー、茶室・カフェバー・スーベニアショップ

詳細は、「グランドブリッセンホテル定山渓」ティザーサイトからご覧いただけます。
https://www.grandblissen.jp


■株式会社ハマノホテルズについて
URL: https://www.hamano-hotels.co.jp/


▼運営ホテル
[旭岳温泉ホテルベアモンテ] TEL:0120-489-608
[旭岳温泉ホテルディアバレー] TEL:0120-489-912
[奥定山渓温泉 佳松御苑] TEL:0120-489-485


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。