配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/VimuMcTP1HV1J72fgLMd.jpg
飛騨牛骨高山ラーメン祭のラーメン


これまでのご当地ラーメンとは違う高山の味


飛騨牛骨高山ラーメン祭(岐阜県高山市片原町4 https://www.ramenmatsuri.jp/ )が2021年3月6日グランドオープンした。同店は2020年10月より開店予定だったが、緊急事態宣言の発令によってオープン延長を余儀なくされていた。
飛騨牛の牛骨を100%使用し、真空低温調理で安全かつ美味しく調理されたローストビーフが乗った贅沢な一杯が観光地のラーメンとしてはコスパの良い900円。
豚骨ラーメンのような白湯ラーメン(パイタンラーメン)と澄んだ醤油味の清湯スープ(チンタンスープ)の2種類だ。
どちらかのスープを選んだ後に辛味噌トッピングで夏は食欲増進し、冬は身体が芯から温まるピリ辛味にすることも出来る。
また、飛騨高山のA5飛騨牛の味を格安で存分に味わいたい場合は飛騨牛で丼が覆われた2800円の飛騨牛スペシャルも両方の味でチョイスできる。


画像 : https://newscast.jp/attachments/gqwVTNfDRudwAaZX4ble.jpg
飛騨牛スペシャルラーメン


高山のラーメンは醤油味に煮干しの苦味が効いて細縮れ麺だが、飛騨牛骨高山ラーメン祭のラーメンは飛騨高山の素材を使いながら旧来の高山ラーメンとは全く異なる。
飛騨牛の牛骨を贅沢に100%使用しお店で毎朝炊き上げたスープは白湯ラーメンと清湯ラーメンの2種類。
白湯ラーメンは帆立の貝柱をベースに魚介系のタレを使い、コクがありマイルドながらスッキリ感もある不思議な一杯。飛騨牛の旨味を存分に味わう事が出来、お店のイチオシ商品だ。
清湯ラーメンは同じく飛騨牛の牛骨を100%使用しながら時間を掛けて丁寧に濁らないように旨味を抽出した一杯。飛騨高山名産の飛騨山椒の香りがふんわりとして奥深い一杯だ。
どちらも途中で味変としてテーブルに置かれた飛騨山椒の粉をふりかけて食べるのがオススメ。こんなに合うのか、と思うほどよく合う。
辛味噌トッピングもあるので味噌ラーメン好きな人は白湯か清湯か好きなベースを選んで味噌玉を溶かすと高山の味噌のピリ辛味噌味を楽しめる。更に高山の風味高い保谷七味唐辛子をふりかけても美味しい。


画像 : https://newscast.jp/attachments/OQV8BA4r9XptP2tffSJN.jpg
飛騨牛骨白湯ラーメン


画像 : https://newscast.jp/attachments/9rJxcjQ1UMzF7hHoWzCZ.jpg
飛騨牛骨清湯ラーメン


問い合わせ先


飛騨牛骨高山ラーメン祭(ひだぎゅうこつたかやまらーめんまつり)
〒506-0847 岐阜県高山市片原町4
https://www.ramenmatsuri.jp
052-228-9442(受付:株式会社SSY)




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。