配信元:@Press

京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)が経営する遊園地「ひらかたパーク」(所在地:大阪府枚方市枚方公園町)では、2021年春のテーマを「だって遊びたい。」とし、安心して思いっきり楽しく遊べる遊園地を目指します。このテーマをモチーフに、「超ひらパー兄さん」で「園長」こと岡田准一さんが出演する新CM「唐草模様」篇を、3月9日(火)より関西地区にてオンエアします。

■新CM 「唐草模様」篇 放映開始!
超ひらパー兄さんこと岡田園長が今度は刑事に。ひらパーの平和を守るべく追うのは、園内に迷い込んだどこか懐かしい風貌の泥棒(?)。しかし、追跡劇を繰り広げるもアトラクションを通るたびについつい一緒になって遊んでしまう2人…。果たして岡田園長は彼を捕まえることができるのか!?
※2021年3月9日(火)より関西地区にて放映開始

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/250469/img_250469_1.jpg

ひらパーでは数々のユニークな企画で注目を集める前人未到の遊園地を目指しています。園内で桜やバラがちょうど見頃を迎える春は、「だって遊びたい。」をテーマにドキドキわくわくをお届けしますので、ぜひご期待ください。また、1月12日(火)にオープンした「ひらパー オンラインショップ」では、ひらかたパークでしか購入できなかったオリジナル商品をお届けできるようになりました。こちらも合わせてチェックしてみてください。



■新CM 「唐草模様」篇 放映開始!

■放映開始日 2021年3月9日(火)より関西地区にて放映開始
■出 演 超ひらパー兄さん 園長(岡田准一)
■内 容
「唐草模様」篇 15秒
軽やかに柵を越える園長。今度の園長は刑事だ。ひらパーの平和は、いいか、俺が守る。誰にも邪魔はさせない。そんな風にもみえる横顔で追うのは、どこからか園内に迷い込んだ泥棒(?)。逆に目立ってすぐ捕まるやろ、とツッコミたくなるようなファッションで園内を逃げ回る。しかし、アトラクションを通るたびに、示し合わせたようについつい2人して遊んでしまう。追う・追われる関係とは何か。捕まえる気はあるのか。2人で食べるソフトクリームはそんなに美味いのか。そんな疑問をふりきるように、園長刑事はひらパーを満喫し続けるのだった。

《CMの見どころ》
一日でここまでたくさんのアトラクションに乗った園長は初めてではないでしょうか?追跡という名目で、遊びつくす2人の間にいつのまにか芽生えたほのかな友情を画面から感じ取ってください。

《CM撮影時のエピソード》
岡田さんの足があまりに速くて何度も泥棒役を追い抜きそうになりました。そのたびに、撮影中断。「もっとがんばって!」とスタッフ一同が心の中で叫びました。「あの泥棒は大変なものを盗んでいきました。スタッフの時間です。」そんな冷たいそしりを泥棒が受けることがないように、岡田さんが雰囲気を察知してくれたのか、蛇行しながら追いかけるという技を編み出してくれました。なんという優しさ。スタッフ一同の心があたたかくなった瞬間でした。


■「ひらパー オンラインショップ」好評開店中
「ひらパー オンラインショップ」は、”ひらかたパークでしか購入できない商品を少しでも多くのお客さまのお手元に届けたい” という想いからオープンいたしました。これからも、よりご満足いただけるよう商品を拡充させていきます。

名 称:ひらパー オンラインショップ
オープン:2021年1月12日(火)
URL:https://hirakatapark.com/

■新型コロナウイルス感染拡大防止のために
ひらかたパークは「安心して思いっきり楽しめる場所でありたい」という想いのもと、様々な感染防止策に取り組んでいます。
安心して遊べるひらかたパークの実現には、我々はもちろん、来園いただくお客さまにもご協力いただくことが必要と考えています。「来園前・来園時・来園中にできること」として、それぞれホームページにて我々が実践できること、お客さまに実践いただきたいことを掲出させていただくことで周知ならびに実践し、日々感染予防に努めてまいります。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、みんなでできること
ひらかたパークホームページ:http://www.hirakatapark.co.jp/topic/show/20spr-notice
※最新情報やチケットの購入方法など、詳しくはホームページをご確認ください。





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。