配信元:@Press

株式会社エモーショナリーズは、医療従事者にマスクを寄付することを目的に3月19日(金)よりクラウドファンディングを開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254991/LL_img_254991_1.gif
「医療従事者にマスクを寄付したい」1

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/254991/LL_img_254991_2.jpg
「医療従事者にマスクを寄付したい」2


■クラウドファンディング開始にかける想い
2020年初頭から医療現場で戦う人たちを応援しませんか?
命がけで見えない敵と戦っている医療関係者のマスクが不足しているという情報に心を痛めました。
今私どもにできることはないのか。
今、私達にできること、それは医療用のマスクを売ってくださる業者様を巡り、医療従事者にマスクを届ける事です。
出来るだけ良いマスクをお届けしたかったので、三層の医療用不織布マスクを3千枚購入しました。

まずはコロナ患者を受け入れている江戸川区の病院から寄付いたします。

<なぜ江戸川区なのか?>
本来であれば日本全国の病院にマスクを寄付したい気持ちでいっぱいです。
まずは私が江戸川区にゆかりがあり、江戸川区のコロナ患者を受け入れている病院から寄付することに決定いたしました。
サラリーマン時代、お金の無い時に江戸川区の公団に長い間お世話になり、江戸川区には東京に上京してから強い思いがありました。
京葉病院に1,750枚、臨海病院に2,000枚の寄付が決定しています。

最低限、100万円達成した時点で寄付する先の病院を増やし、東京都23区で寄付を受け入れてくれる病院を可能な限りピックアップして参ります。

<想いに共感してくれたたくさんの仲間>
今、私にできること、やりたいという想いに共感していただき、力を貸してくださる仲間が集いました。
マスクも50枚入りの三層の不織布マスクを最低でも3万枚集め、寄付を23区に止まらず、47都道府県に寄付したいという想いがあり、最低限、100万円達成した時点で寄付する先の病院を増やし、東京都23区、47都道府県の寄付を受け入れてくれる病院を可能な限りピックアップして参ります。


■実行者紹介
1975年生まれ、奈良県奈良市出身。大阪文化服飾専門学校を卒業し新卒で株式会社ワイヴァーンティルショップに入社、東京に上京し株式会社スコットサイドに入社し、アパレルブランドnoyetやBlow by blowのデザイナーを得て、2005年に株式会社アニバーサルユースを設立、その後2013年株式会社アラタを設立し令和2年に社名変更し株式会社エモーショナリーズとなる。


最後に
今、私がやっていることは無駄なことなのか?と毎日自問自答しています。何のために誰のために…?
と考えることが1日に何度もありました、今私の全神経がこのプロジェクトに向いています。

私には特病があり、2020年9月に自宅でけいれん発作で夜中に倒れ、妻が救急車を呼んでくれ、一命をとりとめました。病名はてんかんです、その時一ヶ月意識を失ったのですが、主治医含めたくさんの看護師様にもお世話になり、今の私がいます。友人や親、兄弟、妻、子供にも随分迷惑をかけてしまいました。

看護師様から病院にマスクが不足していることも聞かされその時から私に何かできないか?と強く心を打たれました。無力さもありながら…そんな時にこのクラウドファンディングを思いつき是非、やってみようと立ち上がりました。

私の力だけではどうにもなりません…皆様のお力もお借りできればと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。