配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 88933 (0756)

【カンザスシティー(米ミズーリ州)2021年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*投資会社は米国のプライマリーおよびスペシャルサービシング事業を加速する方針

不動産サイクルを通じたスマートな成長というコンセプトによって設立された米国を拠点とする不動産投資会社のMission Peak Capital(MPC)(https://missionpeakcapital.com )は10日、世界的なサービシンング会社のMount Street Group (https://mountstreetgroup.com/ )の米国事業への重要な金融投資を発表した。Mount Streetは、950億ドル超のクレジットサービスを監督している欧州での最大級のサードパーティーのローンサービサーで、Mission Peak Capitalの商業用不動産サイクルに関する深い理解を活用することにより、よりカスタマイズされた特注のサービシングを提供して、米国でのプレゼンスの拡大を目指している。両社はともに、商業用不動産投資のライフサイクルに対する最も総合的な視点と一体となったハイタッチなサービシングにおいて業界をリードする立場にある。

Mission Peak Capitalのプリンシパル兼創業者のWit Solberg氏は「われわれのMount Streetへの投資は、商業用不動産が進化しつつあり、変わりつつある世界の動向によって大きな影響を受け続けるとのわれわれの認識の直接的な結果である。投資家は利回りを求め、また一段とクレジットカーブがきつい複雑さを増す投資商品を購入しつつあり、経験のあるサービシングパートナーを必要としている。今回の提携は、よりカスタマイズされたソリューションにより投資家に利益をもたらすだけでなく、貸し手と借り手のすべてが、成功を保証するために資産レベルから不動産を真に理解しているサービシングプロバイダーから利益を得ることになる」と語った。

Mount Streetの創業者でマネジングパートナー兼最高経営責任者(CEO)のRavi Joseph氏は「この合弁会社により当社の世界の顧客は、米国の資本市場にさらなる領域を得ることができる。われわれは、これはわれわれの国際的なブランドを他の競争相手が真似することのできない全てを網羅する商品を伴った真に差別化された、カスタムメイドのソリューションとして位置付けることになる有利な提携であると認識している。企業はしばしば、実際の商品、つまり財産そのものへの直接的な知識がないままにローンをサービスするために雇われている。MPCとMount Streetによる合弁会社は、世界的な不動産資産と運用を伴った『現場での』、直接の専門知識を有しており、顧客に最高の価値をもたらす」と語った。

MPCは本来、ローン組成、債券サービシング、Bピース債券投資、株式保有、財産管理など、商業用不動産(CRE)のすべての分野に関わっている。MPCの投資と専門知識のポートフォリオは、差別化されたCREサービシングプラットフォームを生み出し、これは現在の不動産市場のサイクルと合致した好機としてとらえられている。Mount Streetは2017年に米国事業を立ち上げ、現在、120億ドルの運用資産(AUM)を監督している

今回の提携は同社のアトランタ、ニューヨーク両オフィスにとどまることなく、アトランタのオフィスとカンザスシティーに設ける新しいオフィスに経験豊富なサービシングおよび資産管理の専門家を新たに最大20人増やす予定である。

Mission Peak CapitalのMount Streetへの投資の詳細は、ウェブサイトmissionpeakcapital.com を参照。

▽Mission Peak Capitalについて
Mission Peak Capital(MPC)は不動産サイクルを通じたスマートな成長というコンセプトによって設立された不動産投資会社である。2008年に設立された同社は、商業用モーゲージ担保証券(CMBS)債券アドバイザリー分野での出発点から、債務、株式、サービシング、財産管理を網羅する完全に統合された商業用不動産(CRE)プラットフォームへと発展し、先進的で絶え間なく進化している。MPCの商業用不動産へのカスタマイズされたアプローチは、不動産投資のダイナミックなポートフォリオを強化する。

▽Mount Street Groupについて
Mount Streetは2013年の設立以来、急速に成長した独立企業であり、現在、顧客に比類なきサービスを提供する世界的な事業領域を有している。Mount Streetは、世界の10カ所のオフィスで150人以上の専門家チームにより950億ドルのクレジット商品を監督している。2017年に米国事業を立ち上げ、Mount Street USは現在、120億ドルの運用資産(AUM)を監督している。欧州における最大級のサードパーティー商業用不動産(CRE)サービサー、および欧州、オーストラリア、米国のクレジット資産担保・ストラクチャードファイナンス市場でのグローバルリーダーとして、Mount StreetはReal Estate Capital誌の読者により2016、2017、2018、2019年にCRE Servicer of the Year(年間CREサービサー)に選出されており、商業用モーゲージ担保証券(CMBS)サービシングの欧州市場リーダーである。Mount Streetはローンのライフサイクルを通して、市場を先導する専門知識、信頼された専門家チーム、サービスの卓越性を推進する独自のテクノロジーシステムを伴って、フロント、ミドル、バックオフィスにわたるサービスを顧客に提供している。

ソース:Mission Peak Capital

▽メディア問い合わせ先
Hope Wheeler
Hope@Collins-Company.com
202-302-2906

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。