配信元:@Press

この度、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人である株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンではInterop Tokyo 2021に出展し、データセンターの高速化・広帯域化に対応するため、いち早く出荷を開始した400G FR4 QSFP-DD光トランシーバ、ならびに両端に400Gbpsトランシーバを装備したダイレクトアタッチケーブルである400G DAC(Direct Attach Cable)をはじめとする、各種光トランシーバ製品を展示いたします。
また、ShowNetにも参加しており、数多くの当社製品が実稼働環境で利用されている状況をご確認いただけます。


【Interop Tokyo 2021( https://www.interop.jp/ )】
日時 :2021年4月14日(水)~16日(金) 10:00~18:00
※最終日のみ10:00~17:00
会場 :幕張メッセ 国際展示場
弊社出展ブース:Interop / ホール4 / 4K07
ShowNet / ホール3 / 3A01


【展示製品の概要】
■QSFP-DDタイプの400Gbps FR4光トランシーバと400G DACを展示いたします。
http://www.wavesplitter.jp/index.php/services/wavesplitter-lineup
初期に仕様化された10km 400G LR8よりも実用的な2kmに最適化し、低価格を実現した400G FR4は、既設の2芯シングルモードファイバをそのまま使うことで、データセンター内のラック間・フロア間に幅広く使用できます。装着されるネットワーク機器と比較して、コスト的にややアンバランスであると考えられてきた400Gbps光トランシーバでしたが、この常識は覆されました。加えて400G DACの登場により、コア・ルータやコア・スイッチ間のスタックに、高速な400Gbps接続を安価に導入することが可能となりました。

種類 :トランシーバ
モデル名 :WST-QD4-FR4-C
対応距離 :2km(SMF 2c / LC)
準拠標準 :QSFP-DD
参考価格(内税):¥982,300

種類 :DAC
モデル名 :WS-QD4-DACP2-1H
対応距離 :1.5m(0.5~2.5m)
準拠標準 :QSFP-DD
参考価格(内税):¥44,880

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/255153/LL_img_255153_1.jpg
WST-QD4-FR4-C(400G FR4)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/255153/LL_img_255153_2.jpg
400Gbps 製品ラインナップの例

【ウェーブスプリッタ・テクノロジー社について】
ウェーブスプリッタ・テクノロジー社は米国カリフォルニア州に本社を置く、データセンターや携帯通信のバックボーンネットワークなどで使用される光イーサネットや、科学計算などで使用されるHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)システムなどで必要不可欠となる、光通信モジュール製品を製造販売する企業です。


【株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンについて】
株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンは、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人です。ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)製品の日本国内における輸入販売事業を行い、国内のお客様へ高品質で安定した、価値ある製品を提供してまいります。

会社名 : 株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-14 朝日神保町プラザ302
最高執行責任者: 櫻井 豊
URL : http://wavesplitter.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。