配信元:共同通信PRワイヤー

20210413

宇部市

世界で最も歴史ある野外彫刻の国際コンクール・第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)作品募集!
「60年、彫刻と住み続けてきたまちです。これからも」 
~別所哲也さんナレーションの「UBEビエンナーレプロモーション動画」も配信~

 山口県宇部市(宇部市常盤町一丁目7番1号 市長 篠﨑 圭二)は、令和3年6月1日(火)から、「第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の出品作品を募集します。
 UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)は、戦後のまちの美化と心の豊かさを求める市民運動をきっかけとして、昭和36年に始まった野外彫刻コンクールです。世界で最も歴史ある野外彫刻展として発展するとともに、「アートによるまちづくり」の先駆的事業として重要な役割を果たしてきました。
 令和3年に野外彫刻展は60周年を迎えることから、「60年、彫刻と住み続けてきたまちです。これからも」をキャッチコピーに、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となった第29回展について、令和3年度に応募作品展を、令和4年度に本展を開催します。
 また宇部市は令和3年11月1日(月)に市制施行100周年を迎えます。これを記念し、野外彫刻展60年の歴史とともに、心に癒しと力を与えるアートの普遍的な価値を伝えていくため、俳優の別所哲也さんをゲストナレーターにお迎えし、「UBEビエンナーレプロモーション動画」を制作しました。UBEビエンナーレの歴史とともに、宇部市の魅力を日本国内のみならず世界へと発信していきます。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。