配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 88957

Sisram Medical 社のグループ企業Almaが、ボディの輪郭補正と肌の引き締めのための 究極の非侵襲プラットフォームAlma PrimeX(TM)を発表、素晴らしい結果をもたらします

ドイツ、ニュルンベルク2021年4月13日/PRNewswire/ -- エネルギーベースの医療とエステティックソリューションの世界的リーダーの一つであるAlmaは、本日、本社スタジオから放送された世界規模のLIVEローンチイベントで新しいAlma PrimeX(TM)https://www.youtube.com/watch?v=A2kJBdzUE2c )プラットフォームを発表しました。

この分野の中でも際立つ性能を持つAlma PrimeX(TM)は、お腹、ウエスト、太ももとお尻の周囲の縮小と肌を引き締めにおいて比類のない結果をもたらします。

Alma PrimeX(TM)は、医師と患者両方を念頭に置いて設計、構築されました。Alma PrimeXの研究と開発プロセスは、お客様と消費者に焦点を当てた「すべての人へAlmaの仕事を」という企業理念の基づきユーザーサイドに立ち、ユーザーのニーズを中心に開始されたものです。多国籍研究開発チームは、韓国、スペイン、イスラエルの3つの地域に広がる研究拠点を運営し、主要なオピニオンリーダーと顧客の意見を元に、様々な民族、人口統計、文化に合わせてテクノロジーと治療を工夫しました。

PrimeX(TM) の中核となるのは、従来の超音波技術と高周波技術をくみ合わせたAlma独自の技術です。この相乗効果のある組み合わせは、次のような特徴があります。

・Almaの特許技術である誘導超音波(Guided Ultrasound waves)は、脂肪組織に選択的に作用し、脂肪の厚みを減少させ、顕著な臨床結果をもたらす。

・Almaの特許技術であるユニポーラ高周波(UniPolar Radio Frequency)は、コラーゲンと弾性繊維をターゲットとし、真皮と皮下組織を効果的に加熱することで新しいコラーゲン形成を促進する。

・これらの技術は、4つの革新的な機能によってさらに強化され、すべての治療でXファクターを実現します。

・ConeX - 音波を増幅し、超音波の反射を減少させる独自の円錐形の空洞で、中央にホットスポットがない。

・Impulse - 超音波エネルギーを連続的ではなくパルス状にして、機械的な効果で小さな衝撃を与え、治療をより効果的にする。

・MaXimize - アプリケーターと肌が密着状態を保つためのバキューム機能により、超音波を治療部位に最大かつ均一に照射し、結果を最大化。

・ReACCT - 組織特性のキャリブレーションとエネルギー出力制御により、体系的な最適化を実現。患者の肌の状態に合わせて、セッション中に超音波の周波数と出力を自動調整。

「私たちは、医療用美容機器の新しい時代をリードできることを誇りに思っています。テクノロジーを目的ではなく、ユーザーや患者の体験を向上させるための手段として扱うのです。Alma PrimeX(TM) は、患者様だけでなく施術者に全く新しい経験をご提供するものであり、そのニーズとご要望こそが私どもの会社の事業の核心なのです。」とAlma のCEOであるLior Dayanは述べています。

Almaについて

Almahttp://www.almalasers.com/ )は、レーザー、光ベース、高周波、プラズマ、および超音波の各ソリューションを美容とサージカル市場に提供する世界的イノベーターです。私たちは、施術者が安全で効果的な施術を提供することを可能にし、患者が臨床的に証明された最先端の技術と治療を受けることを実現します。

https://www.almalasers.com

ビデオ - https://www.youtube.com/watch?v=A2kJBdzUE2c

メディア用お問い合わせ先:
株式会社ICR
Edmond Lococo 
電話番号:+86 (10) 6583-7510 
E-mail: Edmond.lococo@icrinc.com 



ソース:Alma



(日本語リリース:クライアント提供)




徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。