配信元:共同通信PRワイヤー

先着10社限定で初期費用無料にするコロナ禍応援プランを発表。

2021年4月6日
株式会社ディライトソリューションズ

 競合他社のサイトに訪問した顧客に対して広告を配信できる「ライバルマーケティング広告」を提供する株式会社ディライトソリューションズ(本社:東京都新宿区)は、同サービスの初期費用30万円を10社限定で無料にする特別プランを発表した。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104063337-O1-s08i7SGM

 「ライバルマーケティング広告」は、自社サイトに訪れたユーザーに広告を配信するリスティング・リマーケティング広告とは違い、自社サイト以外の指定したURLに訪れたユーザーに対して広告を配信できる新しい配信方法として、WEB広告の費用対効果向上を求める企業に注目されている。
 自由に指定できるURLを競争力の強い競合他社に設定しておけば、ライバル企業から購買意欲の高い見込み顧客を誘導できるため、自社の集客力が低い企業でも有効な手段と言える。

「参考資料URL: https://delight-solutions.co.jp/contact/resources/?utm_source=kn

 コロナ禍で疲弊した中小企業が、大手企業の競争力を活用しながらこの危機を乗り越える一助になればと語る同社代表取締役 吉原大樹氏は4月1日、ライバルマーケティング広告の初期費用30万円を無料にした特別プランを発表。初期経費を自社負担とするために先着10社限定で、5月末日まで募集を行う。

 2020年より開始した同サービスは、2021年に入り問い合わせが急増している。見込み顧客だけに配信を行う新しい配信方法が今以上に広まれば、多くの企業をWEB集客の成功へ近づけることができるかもしれない。現在、費用対効果の高い配信手法と言われているリスティング・リマーケティングに次ぐ第3の選択肢として検討してみてはいかがだろうか。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。