配信元:@Press

株式会社ユタカトータルサポートは、クラウドファンディング・ポータルサイト「your help neededくらさぽ」を2021年3月25日にオープンいたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254359/LL_img_254359_1.jpeg
your help needed くらさぽ

■助けを求める人をつなぐ。クラウドファンディング・ポータルサイト「your help neededくらさぽ」
助けを必要とする法人・個人が、気軽に投稿できるクラウドファンディング掲示板!“your help needed”に込められた願いとは?


■ボランティア・寄付・資金調達のサポートサイト
ボランティアや寄付、資金調達の支援を求める声を、気軽に投稿できるポータルサイト「your help neededくらさぽ」が、新しいクラウドファンディングの形をして、注目されています。

your help neededくらさぽ
http://yutaka-kurasapo.com

【iOS版】くらさぽ+
http://uplink-app-v3.com/app/download/sid/16852

【Android版】くらさぽ+
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.couponapp2.chain.tac16852

これまでのクラウドファンディングは募集期間や目標金額の設定があり、その中には、成立・不成立を問うことで、ゲーム性を持つものも多くありました。そのような扇情的なものではなく、それぞれの助けを求める切実な声を、まとめて、真摯に伝える、今までになかったサイトなのです。


■“your help needed”あなたの助けが必要、と言う意味。
現在、コロナ禍で資金に苦しんでいる事業が沢山あります。倒産していく飲食店、企業や団体、劇団も多く、国の保証があってもその経営が限界になっているのです。そんな助けを求める声を、一覧で見やすくまとめたのが「your help neededくらさぽ」です。それぞれがジャンル毎に分かれており、自分が手助けしやすいプロジェクトがすぐ見つけられます。支援申込方法も統括されているので、複数の事業へ手助けや参加も、都度都度の登録が不要なこともあり、助けを求める事業と手助けをくださる参加者を、気軽につないでくれるのです。
さらにこのサイトは、災害や保護団体の支援・資金調達、その他にも、長期的に資金を必要とするプロジェクトも多くあり、掲載期間や募集期間を定めていません。そのため、成立・不成立がなく、助けを求める事業も、自身のペースで目標に取り組めるのです。

少しでも何かの役に立てないか、そんな想いの結晶
多くのインフルエンサーにも注目されており、ますます掲載プロジェクトや、支援が集まっていくと期待されているクラウドファンディング・ポータルサイト「your help neededくらさぽ」。少しでも何かの役に立てないか、という想いから立ち上がり、その真摯な気持ちが、これからも多くの希望をつないでいくことでしょう。
事業の掲載お申し込みは、ミニマムプランとスタンダードプランの2種類。ミニマムプランは最大90日の掲載され、掲載料が無料です(手数料は別途要)。スタンダードプランは、開始から3ヶ月分の掲載料のみで、無期の掲載が可能です。現在は期間限定で、スタンダードプラン先着20名様が、無料掲載できる、キャンペーン中です。
多くの方が気軽に使いやすい、スマートフォンアプリ「くらさぽ+」もあります。


■「your help neededくらさぽ」で、多くのありがとうがつながっていきます。
your help neededくらさぽ
http://yutaka-kurasapo.com

【iOS版】くらさぽ+
http://uplink-app-v3.com/app/download/sid/16852

【Android版】くらさぽ+
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.couponapp2.chain.tac16852


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。