配信元:@Press

有本開発株式会社(本社:京都市南区、代表取締役:有本 匡志)は、これまでのスマホアクセサリーとは一線を画す機能・デザインの『スマホ・グリップスタンド beak [ビーク] 』を開発しました。
一般販売に先駆け、2021年4月19日よりMakuakeにてクラウドファンディングを開始いたします。

詳細URL: https://www.makuake.com/project/beak_gripstand/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_1.jpg
めざしたのは100点のグリップ力:新しい提案「グリップスタンド」

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_2.jpg
縦置きでニュースチェック、横置きでウェブ会議にも..

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_3.jpg
背面磁石で鉄板にそのまま貼付け

【beak [ビーク] 開発の背景】
有本開発株式会社は、2020年に『仕事・身体・地球の環境を改善する』をテーマに、製品の企画及び開発を行うブランド「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)」を立ち上げました。

製品を通して、日々の生活が健康的にすごせる働きやすい社会を目指しています。そのためにまず着手した問題は『スマートフォンの肥大化』です。
世界中で毎日使われているデバイスを ”より快適に、より安心に” 使用できる形に変えることができないかと問題を提議し『beak [ビーク] 』の開発に乗り出しました。


【beak [ビーク] のミッション】
ー スタンド機能は当たり前とし、さらにグリップ性能を高いレベルで実現する ー

● 機能1:落下防止のリング
● 機能2:立て掛けられるスタンド

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_4.jpg
beak [ビーク] 機能イメージ図

上記2つの特徴を融合させ、スマホアクセサリーの新しいカテゴリー『スマホ・グリップスタンド』が誕生いたしました。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_5.jpg
形を変えずにそのまま向きを変えるだけ

この小さな躯体から想像できないほどの性能が複数存在します。

- 人の手に吸い付くようなフィット感
- スタンドとしての安定感
- デザイン性
- ミニマル設計で丈夫かつ軽量
- 撥水性・速乾性


【beak [ビーク] の特長】

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_6.jpg
シンプルに指を通すだけでしっかりホールド

1. グリップ力・ホールド性能に特化されたスマホホルダーで落下を防ぐ
目指したのは100点のグリップ力。
beak [ビーク] には人の手に吸い付くようなフィット感があり、その秘密は “三角のボディー” と “フィンガーホール” です。
『中指を通し引っ掛ける → 薬指を添える → ボディーを掴む』
3つのステップで「いままでにない安心感」を実現しました。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_7.jpg
「スッ」と上に起こすだけ

2. 折り紙のように組み立てられ、縦横どちらでも安定して自立
組み立ては本体を指先一つで持ち上げるだけ。
あらゆるユースケースを想定した上で『縦置き・横置きの共存』は必須項目でした。
さらに、「使いやすさ・見やすさ」を徹底的に研究し、体と目に非常に心地の良い角度を実現しました。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_8.jpg
水はけの良い撥水素材を使用

3. 耐水性と速乾性に優れ、水場・お風呂場でも気兼ねなく利用可能
水を含みにくく “はじくような撥水性” の高い素材なので入浴中での使用も問題ありません。
さらに、速乾性がよく『台所・お風呂・プールサイド』でもご利用になれます。
起毛素材は使用していないため、タオルでさっとひと拭きすれば完璧に元通りです。

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_9.jpg
マグネット内蔵のボディー + 付属アタッチメントの使用例

4. 使い方無限のアタッチ機能
beak [ビーク] には磁石が内蔵されているため、冷蔵庫やホワイトボードなどの鉄板素材であればどこにでも “そのまま” 貼り付けることができます。
さらに、同梱の「アタッチメント」を使えば、鏡・壁・タイルなどにもアタッチが可能です。
アタッチメントはグリップスタンドの下に収納できますので、必要なときにすぐに使えます。

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_10.jpg
貼り直しで好きな角度に調節可能

5. ギフト・プレゼントに
人や状況を選ばないので『ギフト』としても喜んでいただけます。
ご家族、ご親戚など “大切な人とおそろいで” ご活用いただけるアイテムです。
テスターさんにしばらく使っていただいた後、本体を外すと「こんな不安定な状態でいままで持っていたのか!」といった驚きの声も。


■まとめ
新しい選択肢「スマホ・グリップスタンド beak [ビーク] 」は一度使うと手放せなくなるほどの機能豊富なアイテムです。あなたのデバイスライフをより快適にしてくれる心強いパートナーとなりえます。
※beak=クチバシ(英語)

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/253833/LL_img_253833_11.jpg
スマートフォンにフィットするデザイン性


■今後のスケジュール
4月19日 Makuakeにてクラウドファンディング開始
6月18日 クラウドファンディング終了
7月 一般販売開始予定(自社EC、Amazonなど)


■商品概要
名称 : baek [ビーク]
クラウドファンディング開始日: 2021年4月19日
一般販売予定日 : 2021年7月
販売料金 : 3,480円(税込)
サイズ : 縦73mm × 横60mm, 24g(アタッチメント含まず)
カラー : ヤタガラス・ブラック、クジャク・ホワイト
URL : https://humannatures.jp/products/beak/


■会社概要
商号 : 有本開発株式会社
代表者 : 代表取締役 有本 匡志
所在地 : 〒601-8153 京都市南区上鳥羽塔ノ森下河原1
設立 : 1973年6月
事業内容: プロダクト企画・設計・製造
資本金 : 1,500万円
URL : https://arimoto.dev/


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
有本開発株式会社
Tel:080-4644-1182
E-Mail:humannatures.ad@gmail.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。