配信元:@Press

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、無線アクセスポイントを集中管理可能なソフトウェア「Nuclias Connect」を搭載したアプライアンス製品『DNH-100』を、パートナー各社を通じ2021年4月23日から販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/256835/LL_img_256835_1.png
DNH-100

『DNH-100』は、D-Linkの無線アクセスポイント「DAP-シリーズ」を管理可能なソフトウェア「Nuclias Connect」を搭載したアプライアンス製品です。

1台の『DNH-100』で最大100台までの対応する無線アクセスポイントを管理することが可能で、小規模から中規模の民間企業や、店舗や支店・営業所など複数拠点を展開する法人での利用を想定しています。

LAN環境に『DNH-100』を設置し、同じセグメント内で管理可能なD-Link製品をディスカバリー機能により探しだし管理対象に追加することが可能です。

『DNH-100』により、ユーザはソフトウェアをインストールするPCやサーバを用意する必要がなく、自動チャネル調整や自動出力調整、ログやTrapなどのモニタリング機能など、無線LAN集中管理が可能な環境を、簡単かつ安価に構築することができます。

D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。


【製品名】
製品名 : DNH-100
品番 : DNH-100/A1
標準価格(税別): 43,800円
製品概要 : Nuclias Connect搭載 集中管理アプライアンス
10/100/1000BASE-T×1、USBポート×1、
最大100台まで対応AP管理可能、リミテッドライフタイム保証
製品URL : https://www.dlink-jp.com/product/wireless-lan/controller/nuclias_connect_appliance/dnh-100.html


【D-Link社について】
世界50国、120拠点を有する世界的なネットワーク機器メーカーD-Linkは、1986年創業から30年以上の歴史を持ち、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線LAN製品群、メディアコンバーター、IPカメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。
D-Linkは『Building Networks for People』の理念の元、お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約600の製品を年間3,000万台以上世界各国に向けて出荷しています。日本では約10年間OEM事業を中心に展開した後、2005年7月にD-Linkブランド製品の販売を目的とした日本現地法人を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。

会社名 : ディーリンクジャパン株式会社
代表 : 代表取締役社長 廖 晋新
資本金 : 9,500万円(2021年3月時点)
本社所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-7-18 SOWA五反田ビル2F
事業内容 : 自社ブランドによるネットワーク製品の企画・開発・設計・
販売及びサポート業務
URL : https://www.dlink-jp.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。