配信元:@Press

株式会社タカコム(本社:岐阜県土岐市、代表取締役社長:中尾 正人、以下 タカコム)は、電話応対窓口での通話管理の効率化や応対品質向上などに活用できる通話録音装置「VR-TR785」を、2021年5月6日に販売開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/256817/LL_img_256817_1.png
VR-TR785 再生画面例
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/256817/LL_img_256817_2.png
VR-TR785 応対品質診断機能表示例

VR-TR785 製品紹介ページ
https://www.takacom.co.jp/product/351


【VR-TR785 開発の背景】
タカコムは1947年設立以来、情報通信機器メーカーとして電話応答機器や放送機器など、通信技術・音声技術に関わるさまざまな製品・サービスを提供してきました。通話録音装置では、国内トップシェアを誇ります。
通話録音は、コールセンターをはじめ、さまざまな業種で採用が進んでおり、クレーム対策やオペレータ教育、応対履歴入力時の聞き直し、VOC活用など多岐にわたって活用されています。その一方で、通話を聞き直すには膨大な時間を要するため管理者の負担が大きくなっており、業務改善につながるソリューションとして「音声認識によるテキスト化」への期待が高まっています。
タカコムでは、コスト面での導入のハードルが高い「音声認識」を、多くの企業様にご導入いただけるよう、通話録音装置に音声認識機能を標準搭載し、コストを抑えた「通話録音」「音声認識」一体モデルの開発に注力しております。
この度、オペレータの応対品質の数値化や、音声認識エンジンの簡易メンテナンス機能など、ユーザー様の利便性をさらに高めた新モデル「VR-TR785」を新発売いたしました。


【VR-TR785の特長】
1. コストを抑えて“通話の見える化”を導入
・音声認識機能を通話録音装置に標準搭載。従量課金制などのランニングコストが不要で安価に運用できます。
・音声認識エンジンへの辞書登録を、通話の再生画面上で容易に行える「辞書セルフメンテナンス機能」を搭載。お客様自身で辞書登録ができ、チューニング費用を抑えられます。
・録音したすべての通話をテキスト化する「全文テキスト化」と、目的の通話のみテキスト化する「選択テキスト化」を選択できます。「選択テキスト化」では、テキスト化する音声データ量を絞ることで、音声認識エンジンのライセンス数を抑え、導入コストを低減することができます。

2. 電話応対管理の負荷を大幅に軽減
・通話を見える化することで、通話のポイントを抑えて効率的にモニタリングができます。
・NGワードや必須ワードなど、キーワード検索で通話を探し出すことができます。再生画面では、キーワードが強調表示され、リスクのある発話などを容易に把握できます。
・応対内容のレポート作成時には、テキスト化したデータを利用して追記・修正のみで迅速に作成できます。

3. オペレータの応対品質を数値化
・「聞き取りやすく話せているか(発話品質スコア)」「お客様の話を聞いているか(発話率)」「早口になっていないか(話速)」「お客様の話をさえぎっていないか(かぶり回数)」など、診断項目を通話ごとに数値化でき、効果的な応対品質改善に活用できます。

4. AIなどの外部システム連携に対応
・膨大な電話応対内容の音声データ・テキストデータをVOC活用、チャットボットのシナリオ作成、FAQ作成支援システムなどに利用することで、業務効率化を強力にバックアップします。
・外部システムからWeb APIを実行することでCRM画面などから容易に抽出したい通話の音声再生、テキスト表示ができます。


【VR-TR785の概要】
名称 : 通話録音装置 VR-TR785
販売開始日: 2021年5月6日
参考価格 : INS1500×1本収容の場合/4,280,000円~(設定調整工事費別、税別)
寸法 : 幅429mm×奥行500mm×高さ177mm(ゴム足含まず)高さ4U


【会社概要】
商号 : 株式会社タカコム
代表者 : 代表取締役社長 中尾 正人
所在地 : 〒509-5202 岐阜県土岐市下石町西山304-709
設立 : 1947年10月
事業内容: 情報通信機器、通信線路用機器材の製造・販売
資本金 : 4億1,600万円
URL : https://www.takacom.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。