配信元:@Press

エクスペリエンス最適化プラットフォームであるDynamic Yield(本社:NY、最高経営責任者:Liad Agmon、読み方:ダイナミックイールド、以下 Dynamic Yield、 https://www.dynamicyield.com/ )は2021年4月28日、最先端の自己トレーニング型ディープラーニング推奨アルゴリズムの段階的なリリースを発表しました。これにより、ブランドは、消費者が購入する可能性が最も高い次のシリーズの製品を予測可能になりました。

詳細ページ: http://dynamicyield.com/adaptml/

現在、商品のレコメンデーションは、エンゲージメント、購買、ロイヤリティの向上を目指すeコマースビジネスにとって不可欠な要件です。しかし、マーケターやマーチャンダイザーにとって一貫して課題となっているのは、膨大な数の商品の中から、様々な好みや意思を持つお客様にどの商品を提供するかを決定することです。

Dynamic Yieldのディープラーニングベースのレコメンデーションは、最初のセッションからでも、新しいデータが取り込まれると適応して、顧客を最も関心のある、または購入する可能性のある製品と自動的に照合する意図を即座に識別します。このモデルは、自然言語処理(NLP)の対応物であるword2vecから直接派生したitem2vecメソッドを使用して、ユーザーの閲覧履歴、セッション中のアクティビティ、およびサイト全体で見られる傾向の製品を学習し、各個人が予測される製品を推奨します。

Dynamic YieldのCEOであるLiad Agmonは、次のように述べています。「当社のディープラーニングモデルは、推奨ドメイン内で非常に効果的であることがわかっている自然言語処理の最先端のニューラルネットワークテクノロジーを活用し、顧客の要望やニーズを予測するための優れたアプローチを提供します。」

現在、URBN Brands、OFFICE、GlassesUSA.comなどの大手主要ブランドが、Dynamic Yieldのディープラーニングアルゴリズムを使用して、商品推奨のパフォーマンスを最大化しています。高度な機械学習を活用した先進的な戦略により、Dynamic Yieldのクライアントは、すでに2桁の大幅な購買数アップと収益増を実現しています。

ディープラーニングレコメンデーションモデルの代表的な利点をいくつか下記にご紹介いたします。

●ユーザーごとに最適化された結果‐ディープラーニングアルゴリズムは、ユーザーの行動、カスタマージャーニー上の位置、およびサイト全体で特定されたトレンドに基づいて、各ユーザーに適切なパラメータのサブセットを自動的に決定するため、カスタムフィルタールールを手動で適用する必要がありません。

●迅速なトレーニングと適応性‐このアルゴリズムは、膨大な量の行動データや製品データに基づいて常に迅速に自己学習し、最初のセッションでも顧客の意図を即座に特定し、新しい情報が入ってくるたびに継続的に改良されていくレコメンデーション結果を提供します。

●主要なデジタルチャネルで利用可能‐同じ高度なディープラーニングテクノロジーを適用して、モバイルアプリ内のサイトでのエンゲージメントを促進すると予測される製品の推奨事項を配信するだけでなく、メールの開封時に調整されるメールキャンペーンを介して配信します。

GlassesUSA.comのデータ責任者であるNadav Yekutiel氏は、次のように述べています。「Dynamic Yieldを使用すると、ホームページの推奨ウィジェットの戦略を手動で選択する必要がなくなります。そのディープラーニングアルゴリズムは、ユーザーの行動、カスタマージャーニーのどこにいるか、サイト全体で見られる傾向に基づいて、各ユーザーのパラメーターの適切なサブセットを自動的に決定します。出力だけでなく、時間の節約にもなります。」

Dynamic Yieldのディープラーニングレコメンデーションモデルは、AdaptML(TM)の一部です。AdaptML(TM)は、顧客データから購入意向を推定し、関心のある製品を予測することで、デジタルエクスペリエンスを各ユーザーに個別に適応させる自己トレーニング型ディープラーニングAIシステムです。

詳細については、 http://dynamicyield.com/adaptml/ をご覧ください


Dynamic Yield (ダイナミックイールド)について
Dynamic Yieldは、企業ブランドがパーソナライズされた最適化された同期の取れたデジタル・カスタマー・インタラクションを迅速に提供し、テストすることを支援します。350社以上のグローバル企業のマーケティング、製品、開発、およびeコマースチームは、既存のCMSまたはコマースソリューションの上にあるテクノロジーレイヤーとしてDynamic YieldのExperience Optimizationプラットフォームを使用しており、コンテンツ、製品、およびオファーを各個人に迅速に反復処理し、アルゴリズム的にマッチングさせることで、長期的なビジネス価値を加速させています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。