配信元:共同通信PRワイヤー

大幸薬品、北里大学の共同研究成果 (*武漢株, 変異2株(英国/ブラジル))

2021年5月14日
大幸薬品株式会社

大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下、大幸薬品)は、特許長期濃度保持型 二酸化塩素ガス溶存液(*1)が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の武漢株及び変異2株(英国,ブラジル)を99.99%以上不活化することを学校法人北里研究所(研究代表者:北里大学大村智記念研究所感染制御研究センター センター長 花木秀明)との共同研究成果として確認したことをお知らせします。

本実験では、大幸薬品の特許長期濃度保持型 二酸化塩素ガス溶存液(*1)(製造後3年経過の溶存液で二酸化塩素濃度が154ppm(*2) )に、試験微生物であるSARS-CoV-2各種 (武漢株, イギリス型変異株, ブラジル型変異株) (*3)をそれぞれ加え、各所定時間(10秒, 60秒)作用させた後に、二酸化塩素を中和させた後、SARS-CoV-2感受性の培養細胞(TMPRSS2発現VeroE6細胞(*4))に接種し、プラーク法(*5)を用いてウイルス感染価を算出しました(ウイルス液:二酸化塩素ガス溶存液=1:19)。その結果、二酸化塩素ガス溶存液は10秒及び60秒の作用時間により、変異株を含む供試した全てのSARS-CoV-2を99.99%以上不活化できることが確認されました。

本供試したイギリス型変異株やブラジル型変異株は、感染・伝播性に影響があるとされるN501Y(*6)や抗原性に影響を与える可能性があるE484K(*6)の変異(*7)が含まれている懸念される変異株 (Variant of Concern: VOC)でもあり、現在、N501Y変異を持つ新型コロナウイルスの感染が拡大しております(*7,8)。 

既に別の研究で二酸化塩素がSARS-CoV-2のスパイクたんぱく質に作用してヒトのACE2受容体との結合を阻害することも解明(*9)されており、本試験により、新型コロナウイルスへの長期濃度保持型 二酸化塩素ガス溶存液の更なる有用性が実証されました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105144888-O2-Dz13LRX8

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105144888-O3-eL5yKqbT

*1) 大幸薬品株式会社製 特許長期濃度保持型 二酸化塩素ガス溶存液 (特許第5757975号) (製造後3年経過の本溶存液)を使用。
*2) ppmの単位について: ppm(parts per million)は100万分の1という割合を表します。液体では重量比(mg/L=ppm, 1L水=1kgと近似)、気体では体積比を用います。本試験のppmは水溶液での重量比を表します。
*3)【試験微生物】国立感染症研究所より分与されたSARS-CoV-2(以下3株):
hCoV-19/Japan/TY-WK-521(従来株), hCoV-19/Japan/QHN001/2021(イギリス型変異株), hCoV-19/Japan/TY7-501/2021(ブラジル型変異株)
*4)【使用細胞】 TMPRSS2発現VeroE6細胞とは: 国立感染症研究所が開発した新型コロナウイルスを増殖・分離可能な細胞株。本試験では、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 JCRB細胞バンクから購入したものを使用。
*5) プラーク法とは:被験試験物中のウイルス感染価を測定する標準的手法の一つで、ウイルス感染細胞の形状変化(プラーク(白斑))の数から算出する。
*6) N501Y変異: Sタンパク質501番目のアミノ酸がN(アスパラギン酸)からY(チロシン)に変化。従来株に比べ感染しやすい可能性があるとされる。
E484K変異: Sタンパク質484番目のアミノ酸がE(グルタミン酸)からK(リシン)に変化。従来株に比べ免疫やワクチン効果を低下の可能性があるとされる。
*7) 国立感染症研究所 感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について(第8報)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/10280-covid19-41.html
*8) 厚生労働省(新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応) https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000776469.pdf
*9) Inhibition of the Binding of Spike Protein of SARS-CoV-2 Coronavirus to Human Angiotensin-Converting Enzyme 2 by Chloride Dioxide, Annals of Pharmacology and Pharmaceutics, Volume5,Issue5,Article1195(2020)
*10) pfuはplaque forming unitの略。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。