配信元:@Press

株式会社レイクニュータウン(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン、代表取締役社長:石井 千尋)が運営する、バラと湖のガーデン「軽井沢レイクガーデン」は、2021年6月12日~7月11日まで、ローズシーズンとなります。
バラを中心に、軽井沢の風土にあった四季折々の植物を楽しめるガーデンです。約1万坪の敷地には、水辺の庭園を中心に8つのエリアを展開し、そのうち4つのエリアでバラを楽しめます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/256178/LL_img_256178_1.jpg
ローズシーズン(1)

【軽井沢レイクガーデンのバラの特徴とエリア構成】
●イングリッシュローズを中心とした「イングリッシュローズガーデン」
●フレンチローズを中心にクレマチスとバラのパーゴラが魅力の「フレンチローズガーデン」
●原種のバラと宿根草がミックスされ、石に囲まれた「ラビリンスローズガーデン」
●日本最大級のバラの小径で香り豊かなバラを楽しめる「フレグランスローズパス」
全部で約350種類・3,500株のイングリッシュローズ・フレンチローズおよび原種のバラに加えて、この時期は宿根草(約300種類・20,000株)も見頃です。


【『自然を愛するすべての人へ』をテーマに運営しています】
ローズシーズンは、緑深まる6月~7月。チューリップの花期が過ぎると、いよいよローズシーズンに突入。高原ならではの冷涼な軽井沢では、首都圏などよりやや遅れて花期がやってきます。最も美しいのが、6月の中旬~7月上旬にかけてとなります。
※イベント情報等についてはHPをご覧ください
http://www.karuizawa-lakegarden.jp/


【レイクガーデン概要】
場所 : 長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン
運営 : 株式会社レイクニュータウン
開園期間: ローズシーズン(6月12日~7月11日)9時~17時(最終入園16時半)
※開花状況により期間が変更する場合もございます。
※最終入園時間は、閉園30分前となります。
※6月19日、6月20日、6月26日、6月27日、7月3日、7月4日は、
朝7:00開園となります。早朝は香りのゴールデンタイム
入園料 : 大人1,5000円 子供500円
Web : http://www.karuizawa-lakegarden.jp/
開設 : 2007年4月


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。