配信元:@Press

交通事故を専門に取り扱うしまかぜ法律事務所(所在地:愛知県名古屋市、代表弁護士:井上 昌哉)は、交通死亡事故のご遺族や交通事故の被害に遭われた方向けにコラムを連載しており、最新のコラムとして、「進路変更禁止の注意喚起表示の新設について」を掲載しました。
警察庁は、「進路変更禁止」を事前に注意喚起するための表示を新設したと発表しました(※)。
しまかぜ法律事務所では、交通事故について情報提供するとともに、ご遺族や交通事故の被害に遭った方が適正な賠償額で解決ができるよう全面的にサポートしてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/259322/LL_img_259322_1.jpg
代表弁護士 井上 昌哉

URL: http://shimakaze-law.com/ (事務所ホームページ)
http://nagoya-shiboujiko.com/ (死亡事故相談用 専門サイト)

※出典:警察庁ホームページ「規制標示「進路変更禁止」の注意喚起表示の新設について」より
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/seibi2/kisei/mokuteki/shinnrohennkoukinnshi/gaiyo.pdf


■進路変更禁止の注意喚起表示の目的
「進路変更禁止」の交通規制は、交差点の手前等において車両通行帯の境界部に設ける黄色実線の道路標示により実施していますが、進路変更禁止区間の手前において、白い破線の区画線の空白部分に、「矢羽根」のペイントを設け注意喚起を行います。
事前に進路変更禁止の規制区間を知らせ、ゆとりを持って、進行を望む車両通行帯への進路変更を行えるようにすることで、交通の安全と円滑を図ることを目的としています。


■進路変更の事故の特徴
進路変更の事故は、追突事故と違い、双方車両が走行中のため、事故による衝撃は大きく、死亡事故や重篤な障害が残る事故につながりやすくなります。
死亡事故や重篤な障害が残った場合は、賠償額が高額となりますので、適正な賠償額を加害者から受け取るためには、実績のある交通事故専門の弁護士が交渉することが不可欠です。

また、進路変更の事故では、過失割合が問題となることも多くあります。
進路変更の事故の場合、基本の過失割合は、別冊判例タイムズ38によると、後続直進車:進路変更車=30:70となっています。
しかしながら、「道路状況」、「スピード」、「位置関係」によって、過失割合は大きく変わってきます。
例えば、「道路状況」でいうと、当該道路が進路変更禁止場所であれば、後続直進車が20%減算修正されますので、後続直進車:進路変更車=10:90となります。
「スピード」でいえば、後続直進車が、15km以上の速度違反で10%加算修正されますので後続直進車:進路変更車=40:60、30km以上の速度違反で20%加算修正されますので後続直進車:進路変更車=50:50となります。
最後に「位置関係」ですが、上記の基本の過失割合は、あらかじめ前方にいた進路変更車が、後続直進車との車間距離を十分に取って進路変更をしたにもかかわらず発生した事故を前提としているため、進路変更車が後方を走行していた場合や併走状態で遭った場合は、適用されません。後方もしくは併走状態から進路変更され衝突した場合、直進車は進路変更車の進路変更を予見し、回避することが不可能ですから、直進車には過失がないと判断され、直進車:進路変更車=0:100となります。

死亡事故や重篤な後遺障害が残る場合が多く、賠償額が大きくなるため、過失割合がたとえ1割の違いであっても、受け取れる金額が大きく変わってきます。
適正な過失割合で解決するためには、事故の現場図やドライブレコーダー映像を分析し、正確な事故態様を明らかにできる、実績のある交通事故専門の弁護士が交渉することが不可欠です。


■事務所概要
事務所名: しまかぜ法律事務所
所在地 : 愛知県名古屋市中区丸の内一丁目4番12号 アレックスビル3階
定休日 : 土曜日・日曜日・祝日
営業時間: 9:00~18:00
URL : http://shimakaze-law.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。