配信元:@Press

株式会社テレビ静岡が制作している毎週土曜18時30分から放送の『くさデカ』が、6月26日に“放送1,000回目”を迎えることを記念して、前日の6月25日(金)19時から特別番組を放送することが決定しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/262579/LL_img_262579_1.jpg
ポスタービジュアル

【今回の見どころ】
毎週土曜18時30分から放送している『くさデカ』が、6月26日に“放送1,000回目”を迎える。
これを記念し、前日の6月25日(金)19時から特別番組を放送することが決定した。
スペシャルゲストは千鳥。レギュラーであるトータルテンボスと仲が良いこともあり話がはずむ。
また、千鳥が過去『くさデカ』に出演していた事実も発覚する。6月3日放送『千鳥のクセがスゴいネタGP』内で『くさデカ』の話題が取りあげられた際、「なぜ千鳥が『くさデカ』を知っている?」とSNS上で話題になっていたが、こんな理由があったのだ。

さて、番組では過去999回の放送の中から『くさデカ』レギュラー陣が“自慢のアレ(おすすめメニュー)”を厳選。ギャル曽根イチオシの「うなぎ」や平畠啓史絶賛の「ミナミマグロ」、そして歴代最高視聴率をたたき出した“究極の逸品”が千鳥の前へ。さらには超大物芸人が愛したという「マグロのかぶと煮」も登場し、千鳥をもてなす。

番組途中、トータルテンボス大村の息子・晴空くんの話に。今や、すっかり人気者になった晴空くんから、千鳥への感謝の気持ちを込めた歌のプレゼントがサプライズで贈られる。

また、大悟とゆかりのある女性の登場に一同騒然となる場面も。

普段とは一味違うスペシャルな『くさデカ』に乞うご期待。

そして翌日6月26日(土)18時30分~19時の放送1,000回目は『くさデカ』レギュラーのギャル曽根が大親友の小倉優子とスザンヌを静岡の極上グルメでおもてなし。こちらもお楽しみに。


【番組概要】
<番組タイトル>
『くさデカ放送1,000回記念!千鳥が静岡グルメを食べ尽くすSP』

<放送日時>
2021年6月25日(金)19時~20時

<出演者>
トータルテンボス(藤田憲右・大村朋宏)
ギャル曽根

<スペシャルゲスト>
千鳥(大悟・ノブ)
小倉優子
スザンヌ

<制作>
テレビ静岡(※静岡地区ローカル)

<番組HP>
https://www.sut-tv.com/show/kusadeka1000/


■千鳥コメント

Q:くさデカは知っていましたか?
ノブ 知ってました。
大悟 もちろん。尊敬する兄さん(トータルテンボス)が出ている番組ですから。

Q:オファーを受けての感想は?
大悟 2回断った?(笑)
ノブ そんなわけないやろう。
大悟 3回目でこうか。(うなずくしぐさ)
ノブ 三国志か!!三顧の礼じゃないんじゃ。
大悟 そりゃすぐ(OKですよ)、やっと呼んでくれたと思いましたね。
ノブ 『くさデカ』はすごい高視聴率番組だと聞いていますので
嬉しかったですね。
大悟 逆に通常回の方がプレッシャーがかかるかもしれませんね。

Q:静岡グルメの感想は
ノブ めちゃくちゃおいしかったです。ビックリしました。
静岡はあっさりしたものが多いのかと思ったら、僕の好きな
濃い~味が多かったので。
大悟 僕とかノブが好きな、ガッツリとした醤油の濃い味がおいしかったです。
ノブ わかってらっしゃる。

Q:4人で仕事をしてみての感想は
ノブ やっぱ楽しかったですね。
大悟 まっ、仕事していたのは3人かな。(笑)
ノブ そうですね。なんかなぁ1人すぐどっか行ったな。
大悟 一番仕事した奴みたいに。「もうOK!」って。
ノブ あのアフロ野郎?
大悟 こういうところ(インタビュー現場)見ないと。勉強しないと。(大爆笑)

Q:くさデカの視聴者に一言
ノブ くさデカをご覧の皆様、静岡を堪能させてもらいました。
番組中、大悟はアノ人と9年ぶりの再会!
大悟 びっくりしたねぇ。あるんやね。
ノブ 凄いリサーチをかけてくれて、ここまで番組を作ってくれたことに
感謝しています。
大悟 そうですね。また呼んでいただきたいですし、今度は千鳥が静岡を
歩いている姿・ロケしている姿を是非見て欲しいですね。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。