配信元:共同通信PRワイヤー

テクノグローバル、新型ガラス指紋センサー決定版を非接触ICカード向けにリリース準備

株式会社テクノグローバル(本社:東京都中央区京橋3-1-1、代表取締役社長:柏原武利)は、6月15日を期して、コロナ時代に対応した指紋センサーの決定版をリリースします(ガラス指紋センサーは、非接触ICカードへの搭載でリリース準備中。従来型シリコン指紋センサー搭載の非接触ICカードを先行して、6月15日即売開始いたします。)。

今回の新型ガラス指紋センサーは、非接触ICカード向けに指紋センサーのサイズ拡大、フレキシブル化、コストダウンしているのがの特徴です。。
シリコン製センサーではサイズ拡大すると曲げによって割れてしまうためカード向けにサイズ拡大が難しい一方、ガラス指紋センサーはフレキシブル化が容易でありサイズ拡大が可能です。大サイズ化した場合のコスト競争力が高く、半導体センサーに比べてコストは、1/10になります。超極薄ガラス上に形成したメイド・イン・ジャパンのガラス指紋センサーです。

今回のガラス指紋センサーは、新型コロナ対策の切り札として期待されています。非接触ICカードへの搭載で本人以外が触れないためコロナ対策も容易に行えるからです。

テクノグローバルは、ガラス指紋センサー付き非接触ICカードの商品化・販売を本格化すべく、顧客注文に応じて指紋センサー付き非接触ICカードの製造に取り組みます。今後、試作カードを顧客に提供開始(総合警備会社、IT企業、医療バイオ業界)し、半年以内に量産化(年間1,000万個以上)してクレジットカードへも搭載する予定です。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。