配信元:共同通信PRワイヤー

2021年6月14日
株式会社タカラトミー

 
Niantic、タカラトミー、Hasbroのパートナーシップ
現実とゲームの垣根を超えるARモバイルゲーム 『TRANSFORMERS: Heavy Metal』
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106146216-O2-m69ZQ5MZ

 
Niantic、タカラトミー、Hasbroの3社はNiantic社のLightshipプラットフォームとAR開発ツールを用い、オプティマスプライムとバンブルビーを現実世界に出現させるARモバイルゲーム「TRANSFORMERS: Heavy Metal(トランスフォーマー:ヘビーメタル)」を提供します。なお、日本でのパートナーはタカラトミー、その他の地域のパートナーはHasbroになります。

「トランスフォーマーはARにぴったりです。AR技術を使用し、巨大ロボットと一緒に現実世界で戦ったり、触れあえることは素晴らしい体験になると思います。世界中のトランスフォーマーファンの皆さんの高い期待に応えられるよう、これまでプレイしたことのないようなゲームが提供できるように開発を行なっています」− Niantic CEO John Hanke

『TRANSFORMERS: Heavy Metal』のプレイヤーは、オートボットと一緒にディセプティコンと戦うグループ「ガーディアンネットワーク」に参加します。ガーディアンの一員となったプレイヤーは地球各所の隠された地でリソースを見つけ、個人またはフレンドと力を合わせてターン制バトルでディセプティコンと戦います。

今年中に全世界での提供を予定している『TRANSFORMERS: Heavy Metal』は、近日中に一部の地域でソフトローンチを始めます。なお、開発の主導はシアトルを拠点とするVery Very Spaceshipが行います。

Lightshipプラットフォームは、AR、リアルタイム3Dマッピング、マルチプレイヤーのソーシャル体験の新しい標準となる、Nianticが持つ地球全体規模のARプラットフォームです。「Niantic Lightship ARDK」の利用により、開発者の方々は最先端の開発ツールを使って、位置情報や環境コンテキスト、マルチプレイヤーの共有視点を活用した、新しいタイプのリアルなAR体験を作ることができます。

『TRANSFORMERS: Heavy Metal』について、およびゲームの事前登録は transformersheavymetal.com をご覧ください。

 
「トランスフォーマー」について 
「トランスフォーマー」は、株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が作り出した「日本の玩具発」コンテンツで、「Robots in disguise」=『ロボットが身の回りにある、ありとあらゆる物体に自由自在に変形し、潜んでいる』という唯一無二のコンセプトや、自由自在に変形することができる超ロボット生命体が宇宙を舞台に戦う壮大なストーリーと共に展開しています。1984年にアメリカで玩具発売後、アニメやコミックが大ヒットし、1985年に日本でも玩具販売とアニメがスタート。2007年からはスティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイによりハリウッドで実写映画化され世界中で大ヒットしました。現在では世界130以上の国と地域で5億個以上の販売実績を持つ、世界中で大人気のキャラクターとなっています。 

 
Nianticについて
Nianticは人々が一緒に世界を冒険する体験の提供を目的とした、AR技術分野で業界をリードする企業です。『Ingress Prime』、『Pokémon GO』、『ハリー・ポッター:魔法同盟』を開発、提供し、数百万人の世界規模の冒険者のコミュニティを作っています。Nianticのすべてのタイトルに使われている惑星規模のARプラットフォーム「Niantic Lightship」によって、開発者とクリエイターの方々は身体を動かし、探索し、人々の繋がりを広める地球規模の楽しいAR体験を作り出すことができます。詳細は NianticLabs.comおよび@NianticJPNianticLabs をご覧ください。

 
タカラトミーについて
タカラトミーは、1924年に創業しました。「プラレール」「トミカ」「リカちゃん」といった親子二世代、三世代に愛される多くの定番商品や、「ベイブレード」や「トランスフォーマー」といった社会現象をも生み出す話題商品など、特定のジャンルやキャラクターにこだわることなく、年齢、性別、国籍にとらわれない“玩具”や“玩具発コンテンツ”を提供する総合玩具メーカーです。わたしたちは時代の変化に対応する玩具メーカーとして、これからも「新しい遊びの価値」を世界中の人々に提供し続けてまいります。

 
Hasbroについて
ハズブロ (NASDAQ:HAS) はおもちゃやエンターテインメント製品を扱うグローバル企業です。全ての子供たちや作品ファン、家族にとって世界をより良い場所にするために全力を尽くしています。ハズブロはおもちゃやゲームといった消費者製品、独立スタジオであるeOneを通じたエンターテインメントによって、ハズブロのブランドでしか味わえない体験を世界中の皆様に提供しています。また、ファンタジー世界を題材とするフランチャイズ『マジック:ザ・ギャザリング』や『ダンジョンズ&ドラゴンズ』で知られ、受賞歴も誇るテーブルトップゲームとデジタルゲームの独立開発スタジオ、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストを子会社として有しています。同スタジオが率いて作られたゲームも同様に、世界中のプレイヤーを楽しませています。

同社のポートフォリオはなんと約1,500ものブランドを誇り、その中には『マジック:ザ・ギャザリング』、『ナーフ』、『マイリトルポニー』、『トランスフォーマー』、『プレイ・ドー』、『モノポリー』、『ベビーアライブ』、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』、『パワーレンジャー』、『ペッパピッグ』、『しゅつどう!パジャマスク』およびその他の数々の優れた パートナーブランドが含まれています。ここ10年の間、ハズブロは企業市民としても常に高く評価されてきました。3BL Mediaによって企業市民ベスト100社の中に選ばれ、Ethisphere Instituteによっては、最も倫理的な企業の1社として選ばれました。弊社のインベスター・リレーションズウェブサイト、ニュースルーム、およびソーシャルメディア(Instagram、Facebook、LinkedIn、Twitterアカウントは@Hasbro)では経営とブランドに関する重要なアップデートを定期的に共有しています。© 2021 Hasbro, Inc. All Rights Reserved

 
Very Very Spaceshipについて
多様でクリエイティブなメンバーが揃うVery Very Spaceshipは、人々を楽しませると同時に刺激する、この世界を超越したようなデジタルおよび身体的体験を作り出しています。詳細は
www.vvspaceship.website からご確認いただけます。

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。